投資信託のメリット①分散投資が出来る

少額で分散投資ができる

分散投資という言葉は、聞いたことがあるでしょうか?
投資の世界では、一つのものに投資するよりも、複数の商品に投資するほうが良いとされています。

例えば、株式投資をする際も、1社の株式だけを買うのではなく、5社とか10社の株に分けて買うほうが良いという考え方です。
このほうが、リスクを低減することができるとされています。

詳しい理屈は、高校レベルの数学が必要なので、ここでは割愛します。


個人では分散投資は難しい

この分散投資、個人でしようと思うと結構難しいです。
具体的に考えて見ましょう。

例えば、株式で分散投資しようと思ったとします。
10社に分散投資するとして、1社の株式を買うのに10万円必要だとします。
そうすると、100万円の資金が必要になるのです。
分散投資しようと思ったら、ある程度のお金が必要なのです。

また、10社の会社の株式を買おうと思ったら、それなりの調査は必要です。
投資するに値する10社を選ぶためには、その何倍もの会社を調べないといけません。
1社を選ぶのに10社を選ばないといけないとしたら、全部で100社を調べないといけないのです。
それだけの時間をとって調査できる人は多くないと思います。


投資信託なら手軽に分散投資ができる

この分散投資が手軽にできるのが投資信託のメリットです。

投資信託は、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが、複数の株式や債券に投資します。
つまり、投資信託を買うだけで、複数の株式や債券を購入するのと同じ投資の効果が得られるのです。
これは大きなメリットと言えるでしょう。


おすすめの証券会社

投資信託を購入するには、どの証券会社を選べば良いのでしょうか?
取り扱い商品の多さ、販売手数料、顧客満足度などを考えると、次の二つの証券会社がおすすめです。

SBI 証券の特徴
楽天証券の特徴

各証券会社の特徴をまとめたので、投資信託を購入したい方は、ぜひチェックしてください。


スポンサードリンク