楽天証券│外国株の取り扱いが充実した証券会社

個人的には、楽天証券はおすすめのネット証券の一つです。

楽天証券は、外国株の取り扱いが充実しているんですね。
個人的にはそれが理由で、最初に楽天証券を選びました。

そういえば、当時は外資系のネット証券で、名前も違っていました。

アメリカ市場だけでなく、中国の市場に上場されている株式を購入できます。
例えばアメリカだったら、Google とか、Apple とかコカコーラ(日本の販売だけの会社ではなく)などにも投資が可能です。

アメリカ株や中国株の個別株に投資できるということは、アメリカや中国の企業の株が買えるというだけではありません。
それぞれの市場に上場されている、ETF にも投資できるということです。

海外ETF を購入するために楽天証券を利用

ETF というのは上場株式投資信託のことです。
基本的には投資信託なのですが、手数料が安いのが特徴です。

だいぶ知られてきましたが、なじみが無い人の方が多いでしょう。

代表的なのは、株価指数に連動する商品ですね。
たとえば、アメリカのダウ平均に連動したり、日本の日経平均に連動したりするETF が売られています。

ちなみに、ETF に関しては、「インド・中国など高成長の国に投資する」「投資信託は得か?」でも書いています。

アメリカ市場には世界中の市場平均に連動するETF が上場されています。
アメリカのダウ平均のような主要な指数に連動するETF のほかに、新興国の市場平均に連動するETF も購入できます。

楽天証券の場合、たとえば、マレーシアとかブラジルのような市場に連動するETF が購入できます。

バランスよく投資するために、海外投資も検討しよう

個人的には、投資は日本だけで行うより、世界を見て行うのが良いと思っています。
しかし、海外の株式を購入するのは、日本人には難しいです。

購入の手続きが難しいというよりは、どの株式を買ったら良いか判断しにくいという意味で難しいのです。
情報を集めるには、現地の言葉が出来ないのは大きなハンデになりますからね。

しかし、ETF ならその国の経済全体を見れば良いので、外国企業の個別株を購入する場合に比べて投資の検討はしやすいはずです。
ですから、海外のETF を購入できるのは大きなメリットだと思うのです。

国際的な分散投資を検討されている方は、楽天証券を利用することを強くおすすめします。
海外投資ということでいえば、野村證券のような大手の証券会社を含めても楽天が一番充実していると思います。

しかし、最近では外国株でも後発のSBI に抜かれたような気も…。
まあ、楽天かSBI かのどちらかでしょう。



ちなみに、楽天証券に関しては、投資信託を買うなら、楽天証券がおすすめ楽天証券・海外株式や海外ETF への投資を検討している方に と言うのも書いています。
参考になさってください。

スポンサードリンク