‘株式投資’ カテゴリーのアーカイブ

日経平均がバブル後の最高値を更新| 何故か不満に思っている人が多いようです

2018年10月2日 火曜日

2018年9月末から10月の初めにかけて、日経平均が連日バブル後の最高値を更新しているようです。これは、一般的に、いいニュースですよね。株式投資をしている人にとっては、儲かった確率が大きいわけですし、そうでない人にとっても好景気なのは悪いことではありません。

しかしながら、このニュースにネガティブな反応をしている人もいるようです。Yahoo!ニュースの反応を、いくつか拾ってみましょう。

(さらに…)

【基礎の基礎】どうすると株式投資で儲けられる?

2018年1月22日 月曜日

お金を増やすことを考えた時に、まず最初に思い浮かぶのが株式投資です。でも、株式投資って、どうやったら儲かるのでしょうか。

知っている人には当たり前のことでしょうが、今一度確認してみましょう。意外と新しい発見があるかもしれませんよ。

(さらに…)

塩漬け株の処理の仕方

2018年1月21日 日曜日

塩漬け株という表現をご存知でしょうか。個人投資家の多くは、株価が下がった株を売らずに持ち続けるという事をします。これが塩漬け株です。

塩漬け株なんてさっさと売って、違う金融商品に乗り換える方が効率的でしょう。でも、なかなかそういう決断をするのが難しいという人が多いようです。

(さらに…)

【安全な株式の探し方】潰れにくい会社や株価が下がりづらい株式を探すには

2018年1月8日 月曜日

【リスクがつきもの】株式投資にはリスクがつきものです。特に怖いのは投資していた会社が倒産することと、株価が大暴落することでしょうか。【ある程度避けられる】これらを完全に回避することはできませんが。発生確率を小さくすることは可能です。具体的にはどうすればいいのでしょう。

(さらに…)

ROE(株主資本利益率)は経営者の能力を測る経営指標であり株式指標である

2018年1月6日 土曜日

ROE という株式指標があります。この指標が分かると、経営者の能力が分かると言われています。

ROE はそんなに優れた指標なのでしょうか。また、株式投資で使えるのでしょうか。

(さらに…)

中国株投資や投信の問題点| 突然暴落したり、中国政府というリスク要因が存在したり

2017年12月31日 日曜日

このページでは、中国株投資の問題点やリスクについて考えてみたいと思います。

中国株には、日本株や他の先進国の株式には無いリスクがあるのです。そのリスクのために、中国株投資が非常に難しくなっている可能性があります。

上海総合指数の暴落とそれに対する中国政府の対処という分かりやすい実例がありますからね。問題点は分かりやすいと思いますよ。

(さらに…)

赤字の会社でも有名企業の株は買いたくなるよね

2013年10月26日 土曜日

3年以上前の話ですが、JALが倒産しました。100%減資を受け入れる代わりに、政府支援を受けたのです。つまり、株が完全に紙くずになったわけです。

今では再上場を果たしていますが、一度は上場廃止の憂き目を見ているわけです。実質2年ちょっとで再上場したのかな。予想以上に早い復活でしたね。

(さらに…)

「株式るいとう」「プレミアム積立(プチ株)」で株式の積立ができる

2013年10月9日 水曜日

資産運用をしている人の中には、毎月自動的に株式を積立てられたら便利だと思っている人もいるでしょう。そして、実際に、そういう仕組みは存在します。「株式るいとう」「プレミアム積立(プチ株)」という金融商品です。「株式るいとう」の方が古くからある商品で知名度もありますが、仕組としては「プレミアム積立(プチ株)」の方が優れています。

(さらに…)

1万円以下の株式投資!ミニ株投資ができるネット証券は?

2013年10月9日 水曜日

株式投資に興味を持っている方ならご存知でしょうが、多くの株式は一株ごと買うことができません。100株単位とか1,000株単位という、まとまった単位で買わないといけないのです。この仕組みを単元株といいます。

制度変更などもあり、最近は以前に比べると、だいぶ安く株式を買えるようにはなりました。それでも単元株のために、株式を購入するときは、ある程度まとまったお金が必要になります。

でも、投資の初心者としては、小さい額でいくつか買ってみたいと考えるのが自然ですよね。それに、いきなり大きな額を投資するのは、ちょっと怖いものです。

(さらに…)

個人投資家は投資のプロに株や債券の運用で勝てるのだろうか?

2013年10月7日 月曜日

株式投資の世界では、アマチュアもプロも関係ありません。何のハンディキャップもなく、同じ土俵で投資します。

つまり私たちが株式やら債券やらに投資すると言うことは、プロと同じ土俵で勝負をすると言うことなのです。ずぶの素人である私たちに、勝ち目はあるのでしょうか?

(さらに…)

わかりやすく株式とは何か、株式投資とは何かを説明します

2013年10月6日 日曜日

日本では個人の株式投資家が、海外に比べて多いようです。でもそういう人たちの多くが、株式とは何かについて分かっていないようです。

特に、比較的年配の人だと、チャートを眺めながら、上がった下がったとやっています。でも、株式とか株式投資の本質を考えると、何か違うんですよね。ただのギャンブルにしてしまっているように思うのです。

そこで、このページでは、私たちが投資する株式とは何かについて考えてみましょう。株式投資の第一歩は、そこからだと思います。

(さらに…)

自己資本比率を知れば倒産するリスクが大きい株は避けられる

2013年10月6日 日曜日

株式投資で一番怖いのは、企業が倒産してしまうことでしょう。倒産すると多くの場合、株式は無価値になってしまいます。例外的に、多少お金が戻ることが無いわけではありませんけどね。

何にしても、投資する企業の倒産だけは避けたいわけです。

ある企業が倒産する確率が高いかどうかを知りたい時に活躍するのが、自己資本比率です。自己資本比率というのは、企業の財務的な健全性を表す指標の一つです。

(さらに…)

株価と時価総額の関係| 会社を丸ごと買取るにはいくら必要?

2013年10月6日 日曜日

■ いくらあれば会社を買い取れる?

一つの会社って、いくらくらいで買い取れると思いますか?

こんなふうに聞かれても、そんな荒唐無稽なことには答えられないと思う人が多いでしょう。しかし、株式投資をする上では、この視点はとても大事なのです。

このページでは、会社を丸ごと買い取ることと株式投資がどう関係しているのか考えてみましょう。

でも実は、会社を買い取る値段を知るのは意外と簡単なことなのです。株式市場に上場されている会社に限った話ですけどね。

(さらに…)

将来のMBOに賭けるのは面白いかもね 探すのは簡単じゃないけど

2011年12月19日 月曜日

芸能事務所のホリプロがMBOによる買収で上場廃止を考えているようです。

ちなみに、MBOというのは、経営陣による企業買収です。凄く簡単に言うと、経営陣が銀行などからお金を借りて企業を買い取るのがMBO です。将来書いとる企業の資産を裏付けに、お金を借りてくるわけです。

(さらに…)

景気がかなり悪いときに役立つ企業分析法:アンレバードPBR

2011年10月28日 金曜日

景気が後退しているときの簡単な企業分析法」の続きです。

景気が悪すぎるとPBRでもダメ

不況のときに便利なPBRという指標ですが、景気後退のペースが速いときには役に立たないというのが今回の記事の主張です。
なぜPBRではダメかと言うと、PBRが低い企業は大きな負債を背負っている可能性が大きいからというのがその理由です

景気後退しているときに、負債を背負っているとしたら、倒産の心配をしないといけません。
しかし、PBRが低い会社の株を買うという事は、倒産の確率が高い会社の株を買う事になってしまうのです。

これでは本末転倒ですよね。

(さらに…)

景気が悪いときの簡単な企業分析法

2011年10月28日 金曜日

ダイヤモンドの記事をご紹介します。

現在のように株価が低迷しているときの企業分析の方法について紹介されていました。
「アンレバードPBR」という指標を使うのだそうです。

記事自体はちょっと難しい内容なので、簡単に説明したいと思います。

■ PBRへの債務の影響排したアンレバードPBRの有効性
http://diamond.jp/articles/-/14579

(さらに…)

株式を積立てるメリット・デメリット

2011年8月28日 日曜日

前のページで見たように、「株式るいとう」やカブドットコム証券の仕組みを使うことで、株式の積立投資が可能です。

それでは、株式を積立てるメリットは何なのでしょうか。メリットが無ければ、積立をする意味もありませんよね。

(さらに…)

株式で資産運用をするのは難しいかもね

2011年8月26日 金曜日

資産運用というと株式を思い浮かべる人が多いでしょう。
でも、具体的な運用を考えたときに、株式で運用するのはかなり難しいのではないでしょうか。

以下、そのポイントを見ていきましょう。

株式だけでは十分な分散投資ができない

まず、資産運用の基本は分散投資です。
国内外の資産に投資することを考えないといけませんし、債券などへの投資も考えないといけないでしょう。

ですから、そもそも国内の株式だけで資産運用は考えられないのです。

(さらに…)

10万円で買える株を探してみた─しかも健全な経営をしている会社のやつを

2011年7月12日 火曜日

株に関して、「最初は10万円位から投資してみたい」なんて言うのをよく聞きます。

10万円というのは、投資経験の無い人がリスクを取ってもいい額なのでしょう。
このくらいだったら、仮にゼロに成っても、ちょっと悔しい思いをするだけですみます。

でも、「最初は10万円位から…」といっている人の多くは、10万円で買えるのは相当ヤバイ会社の株だと思っているようです。
経営状態が悪化して、今にも倒産しそうな会社をイメージすることが多いようです。

だから、結局投資に踏み切れないと言う人も多そうですね。

もちろん、安い値段で買える株には、大きい問題を抱えているところもあります。
しかし、ほとんどの会社はまともな会社です。

何かとんでもないトラブルでも起きなければ、倒産なんて考えなくてもいい会社がほとんどなのです。

(さらに…)

日本株と外国株はどっちが儲かるの?(答えはちょっと意外です)

2011年7月4日 月曜日

日本株と外国株はどちらが儲かるのでしょうか?
投資をしてお金を増やしたいと考えている人なら誰でも気になる問題でしょう。

もちろん、外国株に直接投資することはちょっと難し意面もあります。
しかし、それでも、投資信託などを使えば比較的簡単に投資する事ができます。

その意味では、外国株に投資するのは特別のことではありませんよね。

そうであるのなら、儲かるほうに投資したいと思うのが人情です。
自分の身銭を切るのですから、ちょっとでも得なほうにと考えます。

(さらに…)

株式の積立をすることも出来る

2011年6月25日 土曜日

時間をかけて資産を築いていくのなら、積立が便利です。
毎月一定額を自動的に投資する事で、長い期間をかけて資産を増やしていくことができます。

積立というと銀行の定期預金を思い出す人も多いでしょう。
しかし、実際はそれだけに限られません。

最近では投資信託を積立てることもできますし、株式を積立てることもできます。
さらには、貴金属を定期的に買って積立てるサービスも存在します。

ここでは、株式の積立についてご紹介しましょう。

(さらに…)

超が付くほどの低PBR の株がゴロゴロと…割安だとは思うけどね

2011年6月25日 土曜日

何日か前に、異常にPBR の低い会社が多いという事を書きました。
黒字企業で自己資本比率が高くても、PBR が0.5倍を割っている会社がゴロゴロあるのです。

■ 低PBR 企業が多すぎる …っていうか、低すぎじゃね?

しかも、震災の影響を強く受けた業種かというと必ずしもそうでもありません。
西日本の会社ですし、事業的にも影響が小さそうなところも多いです。

もっとも、東証1部企業の平均PBR が1倍前後らしいです。
0.5 倍をわる企業があっても驚くにはあたらないでしょう。

(さらに…)