‘投資信託’ カテゴリーのアーカイブ

投資信託の(収益)分配金の基礎知識

2018年8月29日 水曜日

投資信託には分配金という仕組みがあります。この分配金は、株式投資における配当金と似たものだと考えると良いでしょう。

最近は、分配金が多いのが良い投資信託だと、分配金が多い投資信託を勧めてくる金融機関の営業が多いようです。果たしてこの考え方は正しいのでしょうか。このあたりもチェックしてみましょう。

(さらに…)

投資信託の分類| 投資信託で資産運用をするための必須の知識の一つです

2018年8月28日 火曜日

投資信託の分類には、いくつかの方法があります。投資信託を効率よく探すには、これらの分類について一通りの知識を持っていたほうが便利です。投資信託は何千本もありますから、こうした分類を知らないと、選ぶのはかなり大変になるでしょう。

(さらに…)

投資信託という手段は得か損か?

2018年1月8日 月曜日

投資信託は個人が資産運用をしようと思うときに、まず思い浮かぶ金融商品の一つです。【得なの?損じゃないの?】でも、投資信託で運用するのって有利なのでしょうか。もしかしたら、何か問題があったりするのでしょうか。チェックしてみましょう。

(さらに…)

ロシア株に投資する投資信託は手数料が高すぎてどうしようもない

2013年11月5日 火曜日

ロシアの株式投資に関して、個別株ETF と見てきました。どちらのケースも、ちょっと手数料が気になると言うのが、率直な感想です。

それでは、最後に、非上場の投資信託を見ておきましょう。多分、手数料が高くてどうしようも無いと感じるのでしょうけどね。個別株やETF ですら、これだけ手数料が高いわけですから。

(さらに…)

投資信託のパンフレットは最後のページから読みましょう

2013年10月26日 土曜日

投資信託のパンフレットというか、数ページの冊子をもらったら、あなたならどこから読みますか?普通の人なら、まず間違いなく最初のページから読むでしょう。

人間の修正として、真ん中からパンフレットを読もうという人は、あまり多くないはずですよね。最後から読もうとする人なら、少しはいるかも知れませんけど。

(さらに…)

独りで投資信託を選べないのは当然!1,000本以上あるからね

2013年10月13日 日曜日

日本では何本の投資信託が買えるのか知っていますか?

私自身も詳しいところは分かりません。でも、数千本単位の投資信託が購入できることは間違いないでしょう。

まず、大手のネット証券だと、1,000本以上の投資信託の扱いがあります。ということは少なくとも1,000本を下回るという事は絶対にないはずですよね。しかも各社が扱う投資信託は、必ずしも同じものを売っているわけではありません。複数社で販売されているものもありますが、特定の一社でしか販売されていない投資信託もあるのです。これだけ考えても、2,000本くらいはいきそうです。

そして、上場型と呼ばれる投資信託も存在します。具体的には、ETF と呼ばれる投資信託や、REIT と呼ばれる不動産に投資する投資信託があるのです。さらに、一部の証券会社では、海外の市場に上場されているETF やREIT を購入することも可能です。

(さらに…)

本当なの?投資信託はプロが運用するから自分で運用するより有利って言うけど

2013年10月11日 金曜日

投資信託のメリットとしてよく言われているのが、「プロに運用を任せられるので有利である」ということです。

一見もっともな主張のようにも思います。投資信託を運用するのは、株式のアナリストなどを経験した投資に精通した人達です。なんとなく上手いことやってくれそうですよね。

でも実際のところはどうなのでしょうか。プロに任せることで、そんなに儲けられるのでしょうか。

(さらに…)

要確認!ファンド・オブ・ファンズのメリットとデメリット

2013年10月11日 金曜日

ファンド・オブ・ファンズをご存知ですか?

ファンド・オブ・ファンズは株や債券ではなく、投資信託を運用対象とする投資信託です。

通常の投資信託は、A 社の株を○%、B 社の株を△%、C 社の社債を□%というような形で、複数の株や債券に投資します。しかし、ファンド・オブ・ファンズの場合はX 投信を○%、Y 投信をを△%、Z 投信を□%という形で複数の投資信託に投資するのです。

(さらに…)

銀行や証券会社が倒産!投資信託はどうなるのだろう?

2013年10月11日 金曜日

投資信託は様々な金融機関で買うことができます。でも、ほとんどの人は銀行か証券会社を利用することでしょう。

ところで、投資信託を購入した銀行や証券会社が倒産したら、その後は投資信託はどうなってしまうのでしょうか?

何らかの方法で保護されるのでしょうか?非常に気になるところですよね。

(さらに…)

投資信託積み立てのメリットは意外と大きそうだ

2013年10月9日 水曜日

■ 投資信託は積み立てできるってご存知でしたか?

多くの金融機関では、投資信託の積み立てをすることが可能です。特に一部のネット証券では投資信託の積立に力を入れています。

投資信託の積み立てと言うのは、貯蓄型の生命保険や銀行の定期積金に似た仕組みです。毎月5,000円なら5,000円と決めておいて、その金額分指定した投資信託を証券会社に購入させるのです。

長期的に資産形成をしようと思っている方には、おすすめできる金融商品だと思います。また、リスク資産の投資を始めてみたい人にも、手を出しやすい商品と言ってよさそうです。

(さらに…)

投資信託は2つの割高な手数料のせいで不利な投資商品です

2013年10月7日 月曜日

証券会社や銀行の説明を聞いていると、投資信託は良いことだらけのようにも思えます。

例えば、「プロが運用してくれる」なんて言われてしまうと、凄いパフォーマンスが期待できそうですよね。有名大学を出て株式のアナリストの経験を積んだようなプロなら、平凡なパフォーマンスのはずはありません。

あるいは、「投資先を分散できるのでリスクが小さい」というのも、なかなか魅力的な言葉です。日本人はリスクと言う言葉に敏感ですからね。リスクが小さくなるのなら、いい商品だという印象を持つ人も多いでしょう。

(さらに…)

インドや東南アジアなどの成長力の高い国に投資するには?

2013年10月5日 土曜日

情報が得にくいので個別株を買うのはお勧めできません

最近インドや中国、東南アジアの株に投資しようとする人が多いようです。でも、これらの市場の個別株を買うような投資は、個人的にはあまりおすすめできません。なぜか言うと、投資するための十分な情報が得られないからです。

中国やインドの企業の決算情報を得るのも容易ではありませんし、企業のニュースもえられません。何をやっているのかわからない所に投資するのは懸命とは言えないでしょう。

はっきり言って、宝くじを買うようなものです。ただのギャンブルになってしまいます。

(さらに…)

投資信託の「基準価格」は間違いです

2011年8月11日 木曜日

Google にはキーワードツールという機能があります。
どういうツールかというと、あるキーワードが一ヶ月の間に何回検索されるか教えてくれるものです。

ブログとかウェブサイトを運営している人だと、ご存知の方も多いでしょう。
まあ、普通の人は知らないでしょうけどね。

そのツールを使っていて気づいたのですが、「投資信託 基準価格」で検索する人が意外に多いようです。
どうやら正しく「基準価額」で検索する人よりも多そうです。

まあ、「価額」という単語は、一般の人にはなじみが無いものですからね。
仕方が無いといえば仕方が無いことなのでしょう。

(さらに…)

金で資産運用…庶民には縁遠い話なのだろうか?

2011年8月1日 月曜日

資産運用を考えるときに、必ず名前が挙がるものの一つが純金やプラチナなどの貴金属への投資です。
銀行預金、株式、不動産、投資信託、債券の次くらいには名前が挙がるのではないでしょうか。

しかし、貴金属への投資というと、かなりのお金が必要というイメージがあります。
はっきり言って、私たち庶民には縁遠いものと考えている人も多いでしょう。

でも、実際のところはどうなのでしょうか?
調べる前にあきらめるのは、あまり良い習慣ではないですよね。

(さらに…)

投資信託で長期的に資産運用という時代はなかなか来ないみたいです

2011年7月22日 金曜日

投資信託で資産運用を思った場合、ある程度決まった型のようなものが存在します。
そして、その型を守る事が、利益を追求し、かつ失敗を小さくする上で大事だと考えられます。

実は、プロとして長期の運用する人は、その型を守った運用をしています。

具体的に、どんな型なのかというと、次のようなものです。

●国内債券、国内株式、海外債券、海外株式に分散して投資する
●基本的には、手数料の安いインデックスファンド中心で投資する

しかし、残念なことに、個人として投資信託を買っている人は、この型がほとんど守れていないようです。

以下、詳しく見てみましょう。

(さらに…)

おすすめできない投資信託─こういうのを買ったら負ける確率が高い

2011年7月12日 火曜日

インターネットを見ていると、おすすめの投資信託と言うようなページはたくさんあります。
私自身も書いていますし。

しかし、「おすすめできない投資信託」というページは意外と少ないようです。

まあ、投資信託関連のコンテンツを書く人の多くは、それを売りたい人でしょうからね。
すすめるコンテンツの方が多いのは当然でしょう。

でも、読む人に役立つコンテンツはどちらかと言われると、「おすすめできない投資信託」なのではないでしょうか。
なぜかと言うと、世の中には、おすすめできない投資信託のほうが多いからです。

(さらに…)

損したから投資信託を売るかどうか悩んでいる─根本的に投資信託選びが間違っているんじゃない?

2011年7月12日 火曜日

「投資信託で損が出ているので、売ったほうが良いでしょうか?」
「投信の損きりを考えています。」

インターネットで「投資信託 損」というようなキーワードで検索してみてください。
この手の質問を投げかけえいるものが結構多いのがわかります。

「知恵袋」とか「教えてgoo」とかで相談した結果が上位に来ているようですね。
それに対して、現在の経済状況やら投資対象の国の情勢やらを踏まえて、いろいろな人が解説をしています。

でも個人的には、この手の質問にはちょっと違和感を覚えます。
個別株で、こういう議論をするのなら、理解できるのですけどね。

(さらに…)

「投資信託で大損?」まじめな話、基本さえ知っておけば投資信託はそれほど危なくは無い

2011年7月8日 金曜日

一部の人の中には、投資信託というのは危ない投資の代表だというイメージを持っている人がいるようです。

実際問題として、投資信託で投資したお金がゼロに成ると言うことはまずありません。。
投資信託と言うものの性質上、そういうことは起こらないと思っていいでしょう。

しかし、投資したお金が半分以下になる可能性は十分にあります。
その意味では、危ない投資であると言うことは否定できません。

でも、正しい知識を持って投資すれば、実は、一部の人が思っているほど危ないものではありません。
それなりにリスクをコントロールする事ができます。

その知識とは、資産をどのような配分で投資するかと言うことです。

(さらに…)

おすすめの投資信託2つをさらに比較

2011年6月30日 木曜日

先日、おすすめの投資信託として、eMAXIS シリーズとSTAM シリーズをご紹介しました。

おすすめの投資信託は…やっぱりこれ

今回は、この2つを手数料でさらに比較してみました。

結果をお伝えする前に、簡単におさらいしておきましょう。
投資信託を選ぶ時は、手数料の安いインデックスファンドを中心に考えるのが基本です。

そして、その基準で選ぶと、eMAXIS シリーズとSTAM シリーズがおすすめなのです。
この2つのシリーズは、手数料が安い上に、国内外の株式、債券、リートに投資する事ができます。

(さらに…)

おすすめの投資信託は…やっぱりこれ

2011年6月30日 木曜日

投資信託を使って資産運用をしようとしている人なら、どの投資信託がおすすめなのかを聞きたいでしょう。そこで、個人的におすすめする投資信託(のシリーズ)をご紹介します。

ただ、具体的な投資信託を選ぶ前に、アセットアロケーションについて考えることをしましょうね。それをしないと、おすすめの投資信託を聞いたところで、あまり意味がありません。

(さらに…)

銀行や店舗型の証券会社で投資信託を買ってはいけない

2011年6月26日 日曜日

投資信託をどこで買いますか?

一般的なイメージだと、投資信託を買うというと、証券会社を思い浮かべる人が多いでしょう。
でも実際には、投資信託を一番売っているのは銀行なのだそうです。

なんと、全体の5割以上を、銀行が売っています。

■ 3月末投信の銀行窓販残高は前月比+0.3%の48.0兆円、シェアは50.2%=投信協会
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPnTK057566420110413

その一方で、ネット証券のシェアは、驚くほど小さいです。
ネット証券大手4社を合わせても、わずか1.6%しかありません。

(さらに…)