このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

【基礎の基礎】どうすると株式投資で儲けられる?

お金を増やすことを考えた時に、まず最初に思い浮かぶのが株式投資です。でも、株式投資って、どうやったら儲かるのでしょうか。

知っている人には当たり前のことでしょうが、今一度確認してみましょう。意外と新しい発見があるかもしれませんよ。

安く買って高く売る

このページでは、株式投資でお金を増やす方法について、確認していきましょう。基礎の基礎という感じの話が中心です。

株式投資で儲けるというと、まず思いつくのが安く買って高く売るという方法ですね。株価が安い時に買って、高くなったら売ります。そうすると、差額の分だけ儲かるわけですね。

例えば、一株500円で取引されている○○自動車の株を1,000株買って、600円になった所で全部売ります。50万円で買ったものを60万円で売ることになるので、差し引き10万円の利益になります。

実際には、売買に手数料がかかったり、利益に対して税金を払わないといけません。ですから、10万円すべてがあなたの儲けとなるわけではありませんけど。

ちなみに、最近は、10万円未満で買える株もだいぶ増えました。また、売買手数料も、格段に安くなっています。

20年前とか30年前に比べ、個人にとって株式の売買はしやすいものになっています。

ちなみに、売買の差額での儲けの事を、キャピタルゲインと言ったりします。

配当収入を得る

もう一つの方法が、配当金を得るという方法です。配当金というのは、会社の利益の株主への分配と考えるとわかりやすいでしょう。

例えば、年間10億円の利益がでたから、半分の5億円は株主で分け合いましょうという感じで配られます。

配当金の額は株数に比例します。発行されている株の総数が100万株だったら、一株あたり1,000円の配当が支払われるといった感じです。

ちなみに、配当金や利息などによる儲けの事を、インカムゲインと言います。

さて、配当で投資すべきかを判断する場合は2つの株式指標が使えます。この2つの指標をチェックしてみましょう。

配当性向とは

実は、最近、日本企業は利益の中の配当にまわす比率が高くなっているそうです。ちなみに、当期純利益の中の配当に回す額の事を配当性向と言います。とりあえず、次の式で覚えておくと良いでしょう。

配当性向(%) = 1株当たり配当額 ÷ 1株当たり当期純利益 × 100

例えば、1株当たりの純利益が100円の企業があったとします。この企業が1株当たり60円の配当金を払えば、配当性向は60%といった具合です。

配当利回りとは

配当に関しては、もう一つ、配当利回りという指標に関しても覚えておく必要があるでしょう。これは、株価に対する年間の1株当たりの配当金の比率です。

例えば、現在の株価が1,000円で年間の配当が50円というような企業があるわけです。この場合、株価に対して5%の配当利回りとなります。

銀行預金と利回りの関係に近いですね。もっとも最近は、こんな利回りの高い預金はありませんが。

もちろん、株式の場合は株価自体が下がることもあります。ですから、単純に比較は出来ませんけどね。それでも、かなり有利だと思いませんか?

この、配当性向と配当利回りを使えば、配当金に関する基本的な分析はできるはずです。

先に高く売って安く買う

さて、株式投資でどうやって儲けるかについては、上に挙げた2つが基本です。つまり、売買益か配当で儲けるわけですね。

しかし、もうちょっと特殊な方法が無いわけではありません。先に売っておいて、あとで買い戻すという方法です。

これは少し難しい話なので詳しくは書きませんが、簡単に触れておきましょう。

株式の投資の場合、持っていない株を売って将来その株を買い戻すという少し変わったことが出来ます。例えば、A社の株を一株500円で1,000株売って、それを将来一株400円で買うといったことが出来るわけです。

あ、もちろん、400円で買い戻せるかどうかは、相場次第です。やってみないと分かりませんけどね。

この場合、結果的には40万円で買ったものを50万円で売ったのと同じですから、10万円の利益です。この方法を使うと、株式市場が下がっているときでもお金を増やすことが出来ます。

これは、空売りと呼ばれる取引です。一部の個人投資家は、好んでこの方法を使います。ただ、リスクが大きいので、初心者向きではありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。