このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

塩漬け株の処理の仕方

塩漬け株という表現をご存知でしょうか。個人投資家の多くは、株価が下がった株を売らずに持ち続けるという事をします。これが塩漬け株です。

塩漬け株なんてさっさと売って、違う金融商品に乗り換える方が効率的でしょう。でも、なかなかそういう決断をするのが難しいという人が多いようです。

塩漬け株とは

株は値上がりを期待して買うものです。 ところが、思ったほど株価が上がらなかったり、株価が逆に株価が下がってしまうことがあります。

今後株価が上がるという自信があれば継続して持ってもいいのです。 でも、株価が上がる可能性が低いと思っていれば売却して別の株を買えばいいはずですよね。

合理的に考えると、株式投資を続けるのなら、それ以外の答えはありません。より儲かる確率の高い物に賭けるのが基本ですからね。

でも実際には、上がる可能性が小さくなっていると知りながら売却できない人が多いようです。 株価が下がっているときに売却をすると、自分の投資の失敗が確定してしまうと思うためなのかもしれません。

失敗を認めるのっていやなものですからね。で、結局、株の塩漬けが出来てしまうわけです。人によっては、何銘柄も塩漬け株を持っている人もいます。

塩漬けのままにしておくのはもったいないです

でも、塩漬け株は大変もったいない選択です。 だって、本来は自由に使えるはずのお金が、塩漬けにすることで使うことが出来ない状態になっているわけですから。

例えば、現金にしておけば別の株を買って利益を上げることが出来たかもしれないわけです。あるいは、完全に違う目的でも使えますよね。家族旅行とか。

出来れば何とかしたいですね。何とかって言うんは、決断をして売ってしまう事ですけど。

こうすれば塩漬け株を処分する決断が付く

私の場合、当初の目論見が外れて塩漬け株になった場合には、次のように処理をします。

まず、他の将来有望な株を探します。購入したい株が見つかったら、塩漬け株を売却し、売却したそのお金で目をつけている会社の株を買うのです。

こうすれば結果的に、塩漬け株を新しい株と取り替えたのと同じですよね。塩漬け株を売却して損失を確定させたと思うと癪に障りますが、可能性の低い株を有望な株と交換したと考えれば気分も楽ではなないですか?

はっきり言って、気分の問題なんですけどね。この気分の問題がかなり大事なのです。株式に限らず投資は、精神的な部分で影響を受けますからね。

そこをうまくコントロールしないと、思わぬ損失を被ることもあります。

長期投資賛美の風潮が塩漬けを促進しているのか?

最近は、長期投資が良いものだとされています。個人的には私自身も、長期投資を勧めています。楽だし勝てる可能性が高いですからね。

ただ、長期投資賛美の風潮が、塩漬け株を作っているような気もしてなりません。

でも、長期投資は分散投資とセットでするのが基本なんですよね。株式というのは基本的には上がっていくものですが、一つ一つは変動が大きくてゼロになるリスクすらあります。そのリスクを軽減するのが分散投資ですから。

だから個別株の場合、長期投資が吉とは限らないのです。株式投資は会社を買う事なので、経営陣が無能だったり、技術革新で会社の商品の価値が下がったりすれば、2度と株価が浮上しない可能性もあるわけです。

個別株の場合は、ファンダメンタルズを見ながら判断を変えていくのが基本です。安易な長期投資は、はっきり言って危険なんですね。超がつくほどの安定企業だったはずの東電の現状をみれば、よく分かるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。