このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

住宅購入の頭金っていくら用意するが良いの?

住宅を購入する時には頭金が必要です。よく物件価格の2割といわれますが、実際にはそれより多い方が良いのでしょうか。少ない方が良いのでしょうか。悩みどころです。

頭金って何だ?

まず、言葉の定義をはっきりしておきましょう。頭金って何なのでしょう?

実は、頭金と言うのがどういうものかわかっていない人は、意外と多いようです。

もちろん、頭金と言うものを用意しないといけないのは、何となくわかっている人が多いのです。しかし、それが誰に払われる何のためのお金なのかわからないのです。

普通の生活をしている人は、頭金が必要になるような大きな買い物を頻繁にするわけではありません。ですから、何となくわかりにくいというのは理解できなくはありません。

具体的な例を挙げて説明しましょう

それでは、具体的な例を挙げて考えてみましょう。

例えば、3,000万円のマンションを購入する場合を考えます。最初に500万円を用意しておいて、残りの2,500万円は銀行から借りることにします。このとき、最初に用意した500万円のことを頭金といいます。

当然、売買のタイミングで、売主には3,000万円が支払われます。そのうちの一部が頭金なのです。

つまり、売り主の方はお金の出所は意識していないわけですね。頭金だろうと銀行からの借り入れだろうと関係ないわけです。

ただ、買った方がとしては、頭金として500万円払って、銀行からの借り入れを使って2,500万円払ったという意識でいるわけです。

繰り返しますが、住宅の売買の場合、頭金というのは、売主に支払うお金のうち、銀行に借りない分と言うことです。

頭金はどのくらい用意したらいいの?

それでは、住宅購入の際に、頭金はどの程度用意したらいいのでしょうか?最近は色々なローン商品があり、中には頭金不要という商品もあるようです。

一方で、「出来るだけたくさん頭金を用意した方が良い」という専門かもいるようです。いろいろな情報が多くて、迷ってしまいますね。

頭金をたくさん用意するメリットは?

頭金をたくさん用意するメリットは、何といっても月々の返済額が少なくなるという点です。3,000万円のマンションを買ったときに、頭金が1,000万円あれば借金の額は2,000万円です。

頭金がなければ、借金の額が3,000万円の借金をすることになります。同じ期間に返すことにすれば、返済額が1.5倍も違いますから、家計に与える影響も全然違ってきます。

ここまでは、当たり前の話ですね。

次に、もう少し難しい話です。

頭金が多いと、金利が上がったときにも安心

現在の住宅ローンの金利は、変動金利の場合、1%を切るような金利も多いでしょうか。固定金利は期間によりますが、やはり1%前後だと考えて良いでしょう。かなり安くなっています。

しかし、この金利は歴史的に見てかなり低い金利です。経済の動向によっては住宅ローンの金利が8%とか10%にあがるということもありえます。変動金利で借りている人は、注意が必要です。

購入直後に金利が急騰し、月々の返済額が何万円も増え状態がずっと続くこともあります。頭金無しの場合、もともと月々の返済額が多いので、それが数万円単位で上がれば家計に深刻な影響が出るはずですよね。

ちなみに、金利が上がるとどの程度返済が大変になるかを計算してみました。上昇幅によっては、かなり深刻な事態になることがお分かりいただけると思います。

もちろん頭金を支払った場合でも、金利上昇の影響は避けられません。それでも、頭金無しの場合に比べれば余裕があるはずです。

借り入れが増えると万が一の時の対処が難しい

頭金が少ないということは、借り入れが多いという事ですね。借りれが多いというのはやっぱりリスクです。

例えば、夫が突然失業したら、返済に窮する可能性はありますよね。借り入れ額が小さければ、対処できる確率は高いわけです。

あるいは、夫が病気で仕事ができない期間が長く続いたりしても大変ですね。こうしたリスクがある以上、やっぱり極力、借り入れは減らすべきです。という事は、頭金をがばって準備すべきという事ですね。

頭金無しで住宅を購入するメリットは

上に書いたように、出来るだけたくさん頭金を用意すると支払が楽になるというメリットがあります。また、リスクを小さくするという意味でも、頭金は増やすべきだと書きました。

それでは、頭金を用意しないで今すぐに住宅を購入す売ることは完全によくない行為なのでしょうか?実は、頭金の用意なしでいきなり住宅を購入することにも、それなりのメリットがあります。

現時点で住宅購入の頭金がない場合、頭金を用意するには何年間か貯蓄しないといけません。そうすると、現在の住居の家賃を支払いながら頭金を貯めていかなければいけません。

このコストを考えると、早めに家を買ってしまった方が金額的には有利な可能性も大きいのです。家を買うと、家賃が掛からなくなりますからね。

具体的な数字で考えてみましょう

頭金をためるのに5年かかったとしましょう。さらに現在の家賃が15万円だったとします。

この場合、5年間の家賃支払額は900万円です。頭金無しですぐに住宅を購入した場合、この900万円は当然ローンの返済にまわっているお金ですね。

ということは、家賃の支払に充てた900万円を無駄にしてしまったということもできます。

実際は金利などの影響で、もう少し複雑な計算が必要ですが、頭金を貯める為に住宅購入を先延ばしした結果、トータルの費用がかかるということは起こり得ます。頭金が貯まるまで待った方が安いのか、今すぐ購入した方が安いのか専門家に相談してみる価値があるかもしれません。

数万円程度の相談料はかかるかもしれませんが、トータルで数十万とか数百万円の差が出ることもありえますからね。

まとめ

上で説明したとおり、頭金を用意するかどうか、用意するならいくらくらい用意するかというのは複雑な問題です。住宅を売りたい業者は、頭金無しで住宅が購入できる方法を薦めるでしょうし、お金の専門家と称する人は頭金をたくさん用意して慎重にという態度をとるでしょう。

私自身は、どちらの言い分もそれぞれ一理あり、ケースごとに答えは違うのだと理解しています。物件やあなたの収入で答えが違うので、専門家に計算してもらうことも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。