このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ROE(株主資本利益率)は経営者の能力を測る経営指標であり株式指標である

ROE という株式指標があります。この指標が分かると、経営者の能力が分かると言われています。

ROE はそんなに優れた指標なのでしょうか。また、株式投資で使えるのでしょうか。

ROEってなに?

ROE は税金を払った後の利益を株主資本で割った指標です。パーセントで表します。

PBR(%)= 税引後利益 ÷ 株主資本 × 100

ここで株主資本というのは、資産から負債を引いたものです。これは自己資本とも純資産とも呼ばれます。1

ROEの意味

利益を株主資本で割る事で求められるROE は、企業が資本をどれだけ有効に利用しているかを表す指標であるといえます。

例えば、A社の株主資本が100万円で税引後の利益が10万円だった場合、ROE は10%となります。一方、B社の資本金が200万円で税引後の利益が2万円だった、場合ROE は1%となります。

この2つを比較すると、A社の方がB社よりも10倍効率的に稼いでいると評価できるわけです。つまり、ROE が大きければ大きいほど資本を利益に結びつける企業であるといえます。

要するに、ROE が大きい企業は、お金を儲けるのが上手い企業だということです。

これって、言い方を変えると、経営陣が有能だという事ですね。ですから、ROE を経営陣の能力評価の指標と考えている人もいるようです。単純にROE が低いから能力がないとも言えませんが、以前よりもROE が悪くなったら能力不足を疑われても仕方が無いでしょう。

株式投資に使えるのか?

ROE を株式投資に使おうという人も当然ですが存在します。

上に書いたように、ROE が高い企業は、当然ですが、儲けるのが上手い企業であると言えるでしょう。ということは、ROE が高い企業は、株価が上がる可能性が大きいという考え方です。

この考え方は一見正しそうですが、それほど単純にもいかないでしょうね。というのも、現在の株価にはROE の高さも織り込まれていると考えるのが自然だからです。みんな知っている事だから、とっくに行動はとられているというわけです。

もちろん、株式投資について考える一つの指標であることは否定しません。しかしながら、ROE が高ければ株価が上がるというような単純な話では無いのです。

敢えて言うなら、ROE の変化はチェックをしてもいいかもしれません。ROE が改善すれば、経営が上手くなっているのかもしれませんし、ROE が悪化すれば、経営が下手になったという評価も出来るでしょう。

特に、経営陣が入れ替わった場合などは、使えそうですね。

もっとも、この場合も、とりあえずは利益のチェックで足りるのかなあという気もしますけどね。もちろん、ROE の方が正確なのですけど。利益は各期ごとに変化しますし、株主資本も利益が出たり増資をしたりすると変わりますから。


  1. 厳密に言うと、現在では株主資本と自己資本、純資産は異なるものなのだそうです。ただ、実務上は同じものだと取り扱って問題無いでしょう。その証拠に、野村證券の用語集には、ROE は次のように定義されています。

    Return On Equityの略称で和訳は自己資本利益率。企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合。

    つまり、株式資本でも自己資本でもどちらでもいいという立場です。 []


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。