このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

マンションは供給過剰!長期で考えれば投資用のマンションなんて買うもんじゃない?

投資用にマンションを買った場合、一番心配なのは借主が入らないというケースでしょう。

多少賃料を下げも、借主さえ見つかれば、ある程度のお金は回収できます。ローンを組んでいないような場合なら、自己破産なんて最悪のケースは起こりません。

しかし、全く借り手が見つからないと、投資資金の回収とは程遠い状態になってしまいます。マンションの共益費や積立金、固定費といった出費があるだけの状態になってしまうのです。

つまり、資産として買ったはずの物件なのに、キャッシュフローとしてはマイナスになってしまうわけですね。お金を出して買った投資用マンションが、金食い虫になるわけです。

老後の生活費の足しになればと思って投資用マンションを買ったのに、支出を増やす要因になってしまうこともあるわけです。人生設計のとしては最悪ですよね。

新しいマンションはどんどん建てられている

今後日本は人口が減っていくといわれています。子供が少ないのですから、当たり前の推論でしょう。移民の大量受け入れでもしない限り、人口減少は確実な未来だと思われます。

それなのに、新しいマンションは作られ続けます。しかも、かなり速いペースで作られているようです。

ということは、すべてのマンションのうちの一定程度が空き家になることは避けられません。そして、空き家の割合は少しずつ増えていくはずです。

実際、処分するにも処分できず、困っているようなマンションも少なくなさそうですね。

一旦空き家になると、空き家のまま放置されている物件も多いようですね。次のような記事を見つけました。1

この記事では、戸建ての物件について、焦点を当てて書かれています。でも、集合住宅にだって問題が無いはずはありませんよね。

繰り返しますが、あれだけたくさんの新築マンションが建っているのですから、古いマンションに空き部屋が出来るのは当然の事です。だって、日本の人口自体は減っているのですから当然です。

まあそれでも、東京とその近郊は、人口は微増くらいなのかもしれません。地方から人が集まる構図は変わっていないからです。ですから、東京だったらまだマシなのかもしれませんけどね。

それでも、人口増加のペースよりも、物件が作られるペースの方が明らかに速そうですよね。やっぱり、空き部屋が増えるのは当然の事のように思えます。

東京でも厳しそうです。人口減少が顕著な地域だと、どうなってしまうのでしょうか?

ちなみに、空き家に関しては、次のような記事を見つけました。2

ネガティブな見通しをする人は、ヤッパリ多いようです。

賃貸住宅として物件を買うのなら

賃貸物件としてマンションなどを買うのなら、この問題は避けては通れないですよね。どう考えても供給過剰ですからね。

また、供給過剰ということは、賃貸価格が下落するということでもありますよね。つまり、仮に貸すことが出来ても、思ったほどの収益が上がらない可能性も大きいわけです。

こうやって考えると、投資用マンションの購入では明るい未来は描きにくい感じがします。投資用のマンションの購入を考えている人は、こういう問題も頭に入れておきましょうね。

もちろん、それでも入居者が入ると思うなら、投資は選択肢だと思います。立地さえ良ければ、人が借りなくなるという事はないでしょうしから。


  1. ■ 国や自治体も本腰 全国で増える「空き家」問題(THE PAGE)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000003-wordleaf-soci&p=2 []
  2. ■ 新築造り過ぎニッポンが迎える「空き家40パーセント時代」
    http://diamond.jp/articles/-/13939 []

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。