このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

本当なの?投資信託はプロが運用するから自分で運用するより有利って言うけど

投資信託のメリットとしてよく言われているのが、「プロに運用を任せられるので有利である」ということです。

一見もっともな主張のようにも思います。投資信託を運用するのは、株式のアナリストなどを経験した投資に精通した人達です。なんとなく上手いことやってくれそうですよね。

でも実際のところはどうなのでしょうか。プロに任せることで、そんなに儲けられるのでしょうか。

ファンドマネージャーが投資信託を運用

繰り返しますが、投資信託の大きなメリットの一つが、プロに運用を任せられる事だといわれています。

実際に投資信託を運用するのがどんな人かというと、ファンドマネージャーと呼ばれている人たちです。この人たちは、一般的には、株式のアナリストなどを経てファンドマネージャーの職につきます。ですから、投資に関してはかなりの経験を積んで運用の仕事についているわけです。何の経験も持たない人が、いきなり成れる仕事ではありません。

20

問題は、自分で購入する株式なり債券なりを選んだ方が有利なのかどうかということですよね。経験を積んだプロに、素人である私達は勝てるのかという話なのです。

例えば、自分で株式を投資する場合は、投資する株式を選ぶのは結構大変な作業です。様々な知識が必要ですし、分析するにも時間がかかります。

企業の経営状況を調べようと思ったら、財務諸表と呼ばれる資料を読めないといけません。また、株価が安いかどうか判断するための考え方も、勉強する必要があります。さらには、どのような組み合わせで買うとリスクが小さくなるかという計算も出来ないといけません。もちろん、企業の動きを知るために、ニュースもフォローしないといけません。

本当にしっかりと投資をしようと思うと、かなり大変な作業になるわけです。実際、どこまでやるかは個人差があるとは思いますけどね。

何にしても、投資信託を買うことで、こういった作業をファンドマネージャーに任せることが出来るわけです。そう考えると、投資信託を買うことは、それなりに筋が通った話のようにも思えます。

さらに、自分で株式投資をした場合は絶対できないことも、ファンドマネージャーはすることができるのです。それは、企業のトップなどの話を直接聞くことです。

ファンドマネージャーは投資の判断をするために企業のトップに直接話を聞くことができます。あるいは、アナリストと言う株式の評価のプロの意見を聞いて投資をすることができます。通常の投資家はなかなかそんなことはできませんね。

プロの力を借りて投資ができるというのは、投資信託の大きなメリットだと思います。

結果はなかなか厳しいようです

このように考えると、投資のプロに頼った投資信託と言う方法は、なかなか優れた方法のようにも思えます。では、実際の投資結果はどうなのでしょうか?プロが運用すると、どんなに素晴らしいパフォーマンスを残すのでしょうか。

実は、過去の成績を見る限り、投資信託の運用成績は市場平均に勝てないのだそうです。例えば、日本株に投資する投資信託の平均的なパフォーマンスは、日経平均やTOPIX などに負けるのです。ファンドマネージャーは何をやっているのでしょうか。

21

これには、色々と理由が考えられます。

何よりも大きいのは、投資信託の運用にはコストがかかります。そのコストが有る分だけ市場平均に負けてしまうという考え方です。株式に投資する投資信託だと、コストの分を考えると年に1%とか2%程度パフォーマンスが悪くなって当然なのです。

また、株式市場や債券市場で取引する人たちは、基本的にプロが中心だというのも大きいでしょう。運用のプロであるのは、投資信託のファンドマネージャーに限らないのです。ですから、市場平均程度になってしまうのも、当然といえば当然のことなのです。

もう一ついわれるのが、ファンドマネージャーに課せられる制約です。投資信託の約款などにより、ファンドマネージャーは投資行動に制約がかかります。その結果、自由な立場から投資出来ないなどという意見も有るようです。

まあ、理由はどうあれ、ファンドマネージャーに任せてもビックリするほど素晴らしいパフォーマンスが期待できるわけではないようです。

そこでインデックスファンドという話になってくるわけです

ちなみに、市場平均と連動することだけを目指す投資信託と言うのも存在します。インデックスファンドという投資信託なのですが、日経平均やNASDAQ などの市場平均と連動するように、機械的に運用されるのです。

ファンドマネージャーが市場平均に勝てない現実を考えると、インデックスファンドを選んだ方が賢いと考える人も多いようです。年金基金などの運用でも、インデックスファンドは積極的に取り入れられえています。

最近は、本当に長期で運用を考えている個人投資家も、インデックスファンドを積極的に取り入れています。投資信託は投資信託でも、インデックスファンドを選ぶということも考えられるわけですね。検討してみる価値はあると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。