このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資信託積み立てのメリットは意外と大きそうだ

■ 投資信託は積み立てできるってご存知でしたか?

多くの金融機関では、投資信託の積み立てをすることが可能です。特に一部のネット証券では投資信託の積立に力を入れています。

投資信託の積み立てと言うのは、貯蓄型の生命保険や銀行の定期積金に似た仕組みです。毎月5,000円なら5,000円と決めておいて、その金額分指定した投資信託を証券会社に購入させるのです。

長期的に資産形成をしようと思っている方には、おすすめできる金融商品だと思います。また、リスク資産の投資を始めてみたい人にも、手を出しやすい商品と言ってよさそうです。

ちなみに、投資信託の積立ができるネット証券に関しては、「ネット証券を選ぶ│投信積立」をご覧下さい。

積立投資をするメリットって何だろう?

投資信託の積立をするメリットって、一体何でしょうか?ちょっと考えてみましょう。

ただ、投資信託を積み立てるメリットを考える前に、もうちょっと広く、金融商品を積み立てるメリットを考えてみましょう。手順としては、その方が正しいでしょうしょうから。

金融商品を積み立てるメリットとしてまず挙げられるのが、少ない元手ではじめられるということです。通常、金融商品を買おうと思うと、ある程度のまとまったお金が最初に必要です。もちろん、小額で買える商品もありますが、小額で投資してもあまり意味が無いのです。

例えば、投資を始めようと思って、一万円分の投資信託を買ったとしましょう。でもこれって、実際の資産運用という意味ではあまり意味がありませんよね。仮に基準価額が1.5倍になったとしても、5,000円増えたに過ぎません。増えたこと自体は悪いことではありませんが、家計に与える影響という意味ではほとんど何の影響も無いのです。

ようするに、投資をしてそれなりに結果を出すには、ある程度の元手が必要なのです。どんなに少なく見積もっても、最初に数十万円程度の資金が無いと、たいした意味は無いのです。

でも、これはハードルが高いと考える人も多いでしょう。いきなり数十万円とか数百万円の単位でリスク資産を買うということは、初めての人には抵抗があることだかららです。

そこで便利なのが積立投資なのです。積立投資なら、月々数千円程度から始めることが出来るからです。最初にお金を用意できない人でも、このくらいなら手軽に始められますよね。それに、この程度の額なら、精神的な抵抗感も小さいはずです。

それなのに、時間が経てば投資総額はかなり増えることになります。結果的に、意味のある投資になるわけです。

投資信託を積み立てるメリットって何だろう

広い意味の積立投資をするメリットは分かりました。それでは、投資信託を積立てるメリットは何でしょうか。

まず、投資信託を購入するメリットは、次の3つが考えられるでしょう。

  • 分散投資ができる
  • プロに投資を任せることが出来る

  • インフレに強い

それぞれどういうことなのでしょうか。一つずつ見ていきましょう。

■ 分散投資が出来ると何が良いのだろうか?

投資信託を購入すると言うことは、たくさんの種類の株式や債券を少しずつ購入するのと同じ投資効果を得られます。実はこれが、投資をする上で大事なことなのです。

例えば、日本の小型株に投資するとしましょう。仮に株式として購入した場合は、個人の資金力や調査能力を考えると、せいぜい数銘柄しか購入できませんよね。しかし小型株に投資する投資信託を購入すると、結果的に多くの銘柄の株式を少しずつ買うのと同じことが出来るのです。なぜなら、投資信託の中身は、たくさんの株式で構成されているからです。

これをもう少し専門的な言い方をすると、投資信託を買うだけで分散投資が出来るわけです。

分散投資をするメリットは何かと言うと、期待リターンを下げずにリスクを小さくすることが出来ることだと言われています。色々な種類の株やら債券を組み合わせることで、リターンはそのままでリスクが小さくなるのです。

これは次のような例を考えてみると理解しやすいでしょう。例えば、投資信託で持っている株の一つが暴落したとします。こんなときでも他の株が値上がりすれば、投資信託全体の損失は限定的ですよね。もしかしたら、投資信託全体としてはプラスかもしれません。分散投資ではこういう効果が期待できるわけです。

一方、数銘柄しかもてない株式投資では、こういう効果は期待しにくいです。個別株で買った場合、あなたの金融資産全体に占める一つの株の割合は大きいですよね。ですから仮に一つの株が暴落すると、そのの影響は他でカバーできないほど大きいのです。つまり、あなたの金融資産全体が大きな影響を受けるわけです。

■ 銘柄選びをプロに任せられる

もう一つ、銘柄選びをプロに任せることが出来るというのも、投資信託の大きなメリットと言えるでしょう。

購入する株式や債券を素人が選ぶのは、決して簡単なことではありません。自分で銘柄を選ぶとしたら、事前の勉強にかなり時間を費やす必要があります。

投資信託は、そのような時間を省く効果があるのです。プロがあなたの代わりに、購入する株式を選んでくれるという言い方をしても良いでしょう。

ちなみに、投資信託を実際に動かしているのは、ファンドマネージャーと呼ばれる人たちです。この人たちは、株式のアナリストなどを経験した上でファンドマネージャーとなっています。まさに、投資のプロと言って良い人たちでしょう。1

■ インフレに強い

一般的にインフレに強いと言うのも、投資信託のメリットでしょう。

金利が低い時期に定期預金の契約をしたり国債を買ったりすると、ちょっとしたインフレでも資産が目減りすることがあります。せっかく安全資産だと思って投資したのに、結果的に目減りしてしまっては意味がありませんよね。

こういう状況を回避するのに投資信託は役に立つのです。なぜかと言うと、投資信託で扱う株式や不動産は、インフレに強いとされているからです。

この点について深くは追求しませんが、とても重要なポイントでしょう。

その他の積立てる商品

その他の積立型の商品に関しては、「リスク商品の積立て」や「年金保険や投資信託など積立投資の比較」をご覧ください。
投資信託の積立が出来るネット証券を探すには、「ネット証券を選ぶ│投信積立」が役に立ちます。


  1. 本文ではファンドマネージャーの事を持ち上げてみましたが、彼らの実力に疑問を感じる人は少なくないようです。例えば、日本株の投資信託の中には、日経平均にパフォーマンスで勝てないところも多いのです。ですから専門家面をしていても、よくよく見てみると、平均に勝てない普通のオッサンである可能性も否定できないわけです。 []

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。