このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

インドや東南アジアなどの成長力の高い国に投資するには?

情報が得にくいので個別株を買うのはお勧めできません

最近インドや中国、東南アジアの株に投資しようとする人が多いようです。でも、これらの市場の個別株を買うような投資は、個人的にはあまりおすすめできません。なぜか言うと、投資するための十分な情報が得られないからです。

中国やインドの企業の決算情報を得るのも容易ではありませんし、企業のニュースもえられません。何をやっているのかわからない所に投資するのは懸命とは言えないでしょう。

はっきり言って、宝くじを買うようなものです。ただのギャンブルになってしまいます。

インドや中国が魅力的なのは間違いありません

ただ、インドや東南アジアなどの新興国が大きな成長の可能性を持っていることは間違いありません。中国は、ちょっと頭打ちな感じはしますけどね。

何にしても、大きな成長の可能性があるなら投資したいですよね。

そこで考えるのが、直接株式を購入するのではなく、投資信託やETFを通した間接的な形で投資するという方法です。ETF というのは証券取引所で取引される投資信託の事です。

上場投資信託という名前で呼ばれることもありますが、ETF という呼称の方が一般的でしょう。日経平均株価指数やニューヨーク・ダウ工業株30種などの株式指数指数に連動して動くものが多いようですね。

ETF をおすすめする理由は簡単です。通常の投資信託に比べてコストが安く済むのです。詳しくは、ウィキペディアなどをご覧ください。

手軽に投資をしたければ投資信託の方が便利かもしれません。銀行で買えてしまうのは、やっぱり簡単ですからね。

でも、個人的には、投資信託もあまりお勧めはできません。なぜかと言うと、ETF に比べてコストがかかるのです。

手数料に見合うぐらいのメリットがあるかどうかの見極めは必要でしょう。

最近は円建てのETF が増えた

以前は外国株のETF と言えば、外貨建てのものがほとんどでした。しかし最近は、日本の証券取引所に上場されている円建てのETF が増えてきています。

新興国で言うと、中国、インド、タイ、ブラジル、南アフリカなどの株式の円建てのETF が上場されているようです。

つまり、これらの国のETF なら、日本の証券会社で手軽に買えるわけです。便利な世の中になりました。

ついでに言うと、新興国全体に投資するETF なんていうのもあるようです。

海外ETF が購入できるのは

日本のETF には投資したいものが無いという場合は、外貨建てのETF を利用する必要があります。海外の株式のETF を購入するためには、海外ETF を取り扱う証券会社を通して購入しなければなりません。

具体的には、SBI証券・楽天証券・野村證券・日興コーディアル証券・松井証券などで購入できるようです。

証券会社によって取り扱い商品が違うので、口座を作る前にチェックしてみてください。私が知っている範囲では、楽天証券と野村證券で取扱商品が多いそうです。

手数料の安さを考えると、楽天証券かSBI証券でしょうか。

楽天証券に関しては、「楽天証券│海外投資を視野に入れている方に」もご覧ください。また、楽天証券のオフィシャル・サイトも参考になるでしょう。

また、SBI証券に関しては、外国株以外にも評価の高い証券会社です。顧客満足度も5年連続1位なのだとか。

海外ETF の問題点

海外ETF は外貨建てなので為替リスクがあります。為替リスクというのは、為替レートの変動により増減することによって被るリスクのことです。

例えば、ETF 購入時点で一ドル100円で10,000ドルで購入したとします。そうすると、日本円で100万円投資したことになりますね。

ETF の値段が上がって、11,000ドルで売却したとします。単純に考えれば1,000ドルの儲けです。

しかし、一ドル80円と円高になっていた場合は日本円で考えた場合は88万円となり、12万円のマイナスとなります。

このように、一見投資がうまくいったようでも、トータルとしてみると失敗だったということが起こりえます。この点は注意をしておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。