このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

国内債券と言うのは、金持ちの為のものかなあ

先日、大和証券の某支店の前を通りかかったときに、オリックスの新発社債の募集のポスターを見かけました。
5年物の社債で、利率としては年1.10%ということでした。

これを見たときに、ずいぶん安いなあという感じがしました。

定期預金と比べれば十分いい金利なのですけどね

年1.10%と言う事は、そこから税金を引かれると0.88%です。ということは、100万円投資しても、5年で4万4,000円にしかなりません。

もちろん、定期預金に預けるのと比べれば、ずっと利回りはいいのでしょうけどね。ただ、元本保証の定期預金と、社債を単純に比べるわけにはいきませんし。

かなりの元本が無いと、債券でお金を増やすのは難しいという印象を持ったわけです。もっと金利の高い時期なら別ですけどね。

国債と比べると大分有利だけどね

ちなみに、財務省のサイトによると、5年物の国債金利の最新データは0.330%なのだそうです。
ですから、国債と比べても、オリックスの社債は有利なようです。

まあ、リスクがある分だけ利率がいいのは当然ですけどね。ただ、どっちを使ってもたいして増やせないというのは、共通している部分ですね。

個人向けに紹介している時点で、投資家にとって有利じゃないんでしょうね

この社債が客観的に見て有利なのかどうかは、私には分かりません。債券と言うのは、実は、株式投資以上に素人には判断がしにくいのです。専門知識が無いと、高い安いの判断はちょっと無理です。

まあ、証券会社の店頭で個人向けに売られている債券なので、良い債券である可能性は小さいんですけどね。本当に条件が良い社債だったら、証券会社は機関投資家に売ってしまいますから。

これは証券会社の手間を考えたら、容易に想像できます。証券会社からしたら、大口にまとめて買い取ってもらう方が、手間がかからないから望ましいはずです。

店舗型の証券会社で買うのは面倒だよね

この債券の有利不利は別にして、100万円くらいの投資だったらしようと思わないですよね。多分。

まず、リターンのわりに、手間がかかりそうで、躊躇してしまいます。

大和証券に口座を持っていなかったら、わざわざ口座を開く手間がかかりますよね。口座を持っていたとしても、購入の為には窓口に行く必要があるでしょう。

そんな手間を取っても、5年で4万4,000円にしかならないのです。しかも、デフォルトのリスクはゼロではありません。

ちょっと面倒でやっていられないですよね。投資額が1千万円位なら、ちょっと考えてみようと思いますが。44万なら、ある程度大きい額ですからね。

ネット証券で買えるなら、ちょっと考えてもいいかもね

と思ったら、SBI証券でも買えるようですね。ネットで買えるのなら、手間という意味では随分軽減されそうです。

あとは、この投資を得と思うかどうかの問題ですね。

債券だったら個人向け国債の変動10年をお勧め

個人が国内債券を買うのなら、一番素直にお勧めできるのは個人向け国債です。しかも、変動10年タイプが最も優れています。

このタイプの国債は「変動10年」という名前からもわかるように、変動金利の債券です。ということは、新発国債の金利が上がったら、自動的に個人向け国債の金利も上がる仕組みになっているわけです。

低金利の時期に債券を買うと、長期金利などが上昇すると損をしてしまいます。しかし、このタイプの債券なら、長期金利の変動を考えなくても良いわけです。

とても優れた債券と言って良いでしょう。


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。