このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

積立を使った正しい資産運用はどういう形?

ここまでのページで見たように、ドルコスト平均法を含め積立と言う方法自体は合理的なほうほうではありません。
投資を遅らせると言うことは、投資機会の損失につながるので、期待される収益を減らしてしまいます。

120万円を10万円ずつ12回に分けて毎月投資するなら、最初に120万円投資したほうが合理的なのです。

損をする確率を減らしたいのなら、積立で行うのではなく、複数の金融商品を買うほうが得でしょう。
日本株だけでなく、日本株+外国株というふうに投資するほうが得なのです。

積立は金融工学的な意味でのリスク低減にはつながりません。
しかし、分散投資は、実際に投資のリスクを小さくしてくれます。

投資を習慣にするという意味では積立は有効

ただ、個人的には、それでも毎月一定額を積立することには意味があると考えます。
非合理であるにもかかわらず、人によっては採用する価値のある投資戦略だと思うのです。

なぜかというと、毎月積立てるというスタイルにすることで、「投資を習慣にする」「強制力を持たせる」などの効果があるからです。

普段投資の習慣がない人は、継続的に資産運用をしていくのは難しいでしょう。
例えば、最初100万円投資したとして、その次に投資にお金を回すのはいつになるでしょうか。

普段投資するという意識を持っていなければ、銀行預金から証券会社にお金を移すなんてことも、なかなかしないでしょう。
そうなると、投資するのはずっと最初の100万円です。

これではお金を増やすなんて事は出来ません。

しかし、毎月2万円投資信託を積立てるなどと決めておけば、自動的にお金を投資にまわせます。
これは、思い出したように投資をするのに比べれば、ずっと良い習慣といえるはずです。

積立投資自体は、必ずしも有利ではないと認識しましょう。
それを理解したうえで積立をするのなら、そういう選択があってもいいとは思います。

まとまっているお金は全額投資し、その後は月々積み立てを

一番合理的に積立を使う方法は、次のような方法でしょう。

●現在準備しているお金は全額投資してしまう
●その後は月々一定額を積立てる

こうすれば、ずっと指摘してきた、機会損失は発生しません。
月々の積立に余計なコストが掛からないのなら、一番合理的な方法です。


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。