このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

積立をして大損する確率を減らすことが必ずしも得ではない

前のページ見たように、購入する回数を分けることは、儲ける機会を自分で放棄しているに過ぎません。ですから、積立というのは、合理的ではないのです。

もう少し正確に書くと、まとまったお金があるときに、それをタイミングをずらして投資するのは意味がある行為ではありません。120万円持っている人が、毎月10万円を1年かけて積み立てるのは合理的ではないという事です。

給料の中から毎月5万円を積み立てていくということなら、それはそれで悪くない選択だと思います。

反発する人もいそうです

こういうことを書くと、必ず反発を覚える人がいるようです。「投資した後に株価が下がるかもしれない。だから、回数を分けるのはリスクを小さくする上で有効だ」という感じの反論が多いでしょうか。

もちろん、前のページで書いたのは、あくまで確率の話です。実際の運用ではドルコスト平均法を取った方が収益が多かったというケースも、もちろんあり得ます。

しかし、そもそも、購入回数を増やすことがリスクを減らすということはありません。金融においてのリスクの定義からすると、リスクは減らないのです。

同じ値動きをする商品ではリスクを減らすことは出来ない

金融においてのリスクは、不確実性と定義されています。株式とか投資信託でいうと、株価や基準価額が動くことがリスクというわけです。

いわゆる分散投資でリスクが下がるのは、株価や基準価額の変動を小さくできるからです。

例えば、A投信とB投信は、反対方向に動く傾向があるとします。つまり、A投信で値下がりした時には、B投信が値上がりする確率が大きいという具合です。

反対方向に動く金融商品を組み合わせれば、変動は小さくできます。つまり、リスクも小さくなるわけです。これが分散投資の考え方です。

しかし、全く同じ金融商品を追加で購入しても、金融商品自体の不確実性は全く変わらないはずです。だって、同じ商品なら、同じような値動きをするはずですからね。

収益の機会を放棄しているだけです

あえて言うと、積立投資をすると、投資期間が短くなる分だけ後で買ったほうのはリスクが小さくなります。しかし、これは、前のページで書いたように、期待される収益を放棄しているに過ぎません。

こうすることが別段有利でないのは明白でしょう。お金があるのに投資しないのだとしたら、時間の無駄遣いですからね。

やっぱり、積立自体は得はない

収益を一番大きく増やす確率が高いのは、投資できる全額をすべて投資することなのです。ということで、理屈の上では、投資額は最初に全額投資するほうが良いことになります。

また、損失がでた場合に、その額を小さくするという意味だけなら、複数回に分けて買うというのはそれなりに意味があるかもしれません。買値を平均しているのですから、確かに極端な高値でたくさん買うことは避けられます。

結果的に大損する可能性をなくすことが出来るでしょう。例えば、バブルのピークで全額を突っ込むようなことは無くなります。

しかしこれは、安い値段で買う可能性を自ら捨てているだけとも言えます。ですから、客観的に見て、大損する可能性を減らせるからと言って、損でも得でもないのです。

期待されるリターンが大きくなるわけではありませんし、不確実性という意味でリスクが減るわけでもありません。


次のページ >> 人間は失敗が怖いものですから、損を避けたい気持ちは分かります。ではどうしたらいいのでしょうか?


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。