このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

金で資産運用…庶民には縁遠い話なのだろうか?

資産運用を考えるときに、必ず名前が挙がるものの一つが純金やプラチナなどの貴金属への投資です。
銀行預金、株式、不動産、投資信託、債券の次くらいには名前が挙がるのではないでしょうか。

しかし、貴金属への投資というと、かなりのお金が必要というイメージがあります。
はっきり言って、私たち庶民には縁遠いものと考えている人も多いでしょう。

でも、実際のところはどうなのでしょうか?
調べる前にあきらめるのは、あまり良い習慣ではないですよね。

1万円ちょっとで始められる

実際に調べてみると、純金への投資をはじめるには思ったほどお金が掛からないことがわかりました。
おそらく一番小さい額ではじめられるのは、ETFを購入することでしょう。

例えば、「【1326】SPDRゴールド・シェア」というETFを使えば、1万円ちょっとから金に投資ができます。

ちなみに、ETFというのは上場投資信託と呼ばれる投資信託です。
「【1326】SPDRゴールド・シェア」は金の時価に連動します。

つまり、この投資信託を買うことは、金に投資するのと同じ意味を持つわけです。

ちなみにETFは、株式と同じように売買ができます。
ですから、株式の売買ができる証券会社なら、どこでも売買可能なはずです。

まあ、コストのことを考えると、クリック証券がおすすめですけどね。

GMOクリック証券

実物の金も買えるが高コスト

ちなみに、金の実物も比較的小さい単位から購入できるようです。
例えば、三菱マテリアルでは5gから購入できるようです。

これを書いている時点では、5gの金は23,150円で購入できるようですね。
これも思ったほど大きい額ではありません。

ただ、金の地金を買う場合は、コストのことを考えないといけません。
三菱マテリアルの場合、500g以下だと、手数料が上乗せされるようです。

ちなみに、金の地金500gだと200万円以上ださないと買えません。

もちろん、200万円は個人でも買えない額ではないでしょう。
でも、金を資産運用の中心にするというのは考えにくいので、やっぱり現実的ではありません。

株とか債券が中心になるべきでしょうからね。

また、保有自体のコストも考えないといけませんしね。
預ければお金が掛かりますし、自宅で持つなら金庫を買う必要もあります。

どっちにしても、お金がかかるはずです。

そう考えると、やっぱり、ETFを使う方が理にかなっている感じがします。

さらに言うと、純金やプラチナの積立投資というのも存在します。
ただ、これに関しては、さらにコストが掛かりそうです。

やっぱり、ETFを選ぶのが合理的かな。


タグ: , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。