このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

銀行で資産運用 どうしてもというならネット銀行で

資産運用をするのにどの金融機関を使うかというのは、大きな問題です。
というのも、金融機関が違えば、取り扱う商品も変わってくるからです。

とりあえず、大きなくくりとしては、証券会社か銀行かという選択になるでしょう。
あと、一応、生保でも可能ですね。

多少のリスクをとっても積極的に資産運用をしたいという人は、以前は、証券会社を使うのが定番でした。
銀行ではリスク商品はほとんど置いていなかったからです。

しかし、最近はだいぶ事情が変わっています。
投資信託や外貨預金などのリスク商品を、銀行でも簡単に買うことができます。

でも、銀行で資産運用をするのって、本当に賢い選択なのでしょうか?

店舗を持つ昔からある銀行での資産運用について考えて見ましょう。

メガバンクの外貨預金は不利な商品

まず、外貨預金から見ていきましょう。

結論から言うと、店舗型の銀行の外貨預金は不利な商品です。

手数料が高くて、金利が低いのです。

しかも、ちょっと手数料が高いとか、ちょっと金利が低いというレベルではありません。
かなり明確に不利です。

はっきり言って、金融のことをわかった人なら、利用しないでしょうね。

それではどうするかというと、ネット銀行の外貨預金を使うか、ネット証券に口座を開いて外貨建のMMFを買うことになります。

まあ、何にしても、店舗型の銀行での外貨預金はNGです。

ちなみに、ネット銀行を使うのなら、住信SBIネット銀行が条件がよさそうです。

銀行がすすめる投資信託にはかなり疑問が

次に、銀行でも買えるようになった金融商品ということで、投資信託についてみてみましょう。

投資信託に関しては、店舗型の銀行で買っていい場合もあります。

でも、店舗型の銀行で投資信託を買わないほうが無難だと思います。

なぜかというと、銀行員がすすめる投資信託は、手数料が高いものが多いからです。
しかも、なぜか、ハイリスク・ハイリターンのものをすすめたがるようです。

なぜこんな事が断言できるかというと、某大手銀行の投資信託の販売額ランキングを見たからです。
上位には手数料が高く、ハイリスク・ハイリターンの投信がずらりと並んでいました。

銀行で投資信託を買う人は、証券会社で投資信託を買う人よりも、安全にこだわる傾向が強いはずです。
そんな人が積極的に選ぶとは思えない商品が上位を占めていたのです。

「銀行の顧客にこんな投信を売って良いのか?」と疑問を持つランキングでした。

銀行だから安全なものを扱っているというイメージで、投資信託を買うのは止めましょう。
気をつけないと、自分が思っているものと全く違うものを買うことになります。

銀行の行員が熱心に勧めるから、良い投資信託だというのも勘違いです。
彼らは手数料が高い投資信託をすすめているように感じます。

少なくとも、売れ筋ランキングを見る限りは。

さらに言うと、債券だから安全だというのも勘違いだと覚えておきましょう。

外国債券の場合、為替リスクがあります。
外国株を買うのと、たいしてリスクは変わりません。

しかも、期待リターンの割りに手数料が高いです。

それではどうすれば良いかというと、またしても、「ネット証券かネット銀行を使いましょう」というアドバイスになります。
特に、積立て機能が充実したネット証券がいいでしょう。

ネット証券やネット銀行を使う場合、アドバイスを受けられません。
だから、自分で勉強しないと投資信託は買えません。

でも、それでいいと思うのです。
リスク商品を人からすすめられるままに買うなんて、危険極まりない行為です。

自分である程度調べ、理解できるものを買うのが大切です。

定期預金も金利で大きく負ける

最後に、銀行での資産運用の定番である定期預金です。
でも、これもあまり評価できません。

というのも、店舗型の銀行の定期預金の金利は、かなり低いのです。

ネット銀行に大きく負けます。

ペイオフという制度で元本1,000万円とその利息は保護されています。
そうであるのなら、金利が良い銀行を選ばない理由はありません。

ですから、店舗型の銀行は真っ先に選択肢から外れます。

あとは、ネット銀行と個人向け国債を比較して、金利がいいほうを選ぶという考え方でいいでしょう。
そうするのが合理的な選択です。

ちなみに、ここでも住信SBIネット銀行は条件がよさそうです。

損得ベースで考えると、店舗型の銀行は避けるべき

銀行で金融商品を買うのは大変便利です。
既にお金があるので、入出金の手間がありません。

ですが、その便利さを上回るような不利な条件で金融商品を売ることがあるようです。
少しの手間を惜しんで、何万円も手数料を払うことになれば、それはおろかな行為といえるでしょう。

基本的にはネット証券に口座を開いて取引することをおすすめします。
投資信託は金融機関の倒産に対しては、非常に強い仕組みです。

金融機関が倒産しても、お金が返ってこないなんてことはありません。

ネット証券に抵抗があるのなら、せめてネット銀行を使うようにしてください。

円建ての定期の場合、元本1,000万円までは保証されています。
投資信託の場合は、金融機関が倒産しても失うものはありません。

店舗型の大手銀行を使えば有利ということは、特に無さそうです。


タグ: , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。