このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

資産運用に初心者が読みたい本

世の中には、資産運用関連の本がはいて捨てるほどあります。
しかし、残念なことに、人に薦められる本は多くありません。

特に資産運用の初心者向けの本となると、本当に探すのが大変です。

何せ、読まないほうがマシという本が、圧倒的なのです。

株式投資投資信託に関する本に多いのですが、投資は簡単なものだという印象を必要以上に植え付けようとしてるものが多い気がします。
そして、株式の分析の方法として紹介しているのは、PBR, PER, ROE 程度に限られます。

それだけの知識で株式投資をさせてしまうのは、非常に危険です。

もっとも、株式投資の場合、それだけの知識でも運よく儲けられることもあります。
それが株式投資の面白さだといえるでしょう。

でも、不十分な知識しかもっていない人は、企業の倒産の可能性をどうやって見抜くのでしょうか?

自分の投資した会社が倒産すれば、その株は無価値になります。
その可能性を判断する知識を持たないで投資するのは、あまりにも危険すぎると思いませんか?

資産運用を考える場合には、もっと慎重であるべきでしょう。
少なくとも、リスクを小さくするにはどうしたらいいかについては、丁寧に解説すべきです。

今回、おすすめしようと色々考えましたがなかなか大変でした

今回、これから資産運用をはじめたいと考えている方に、おすすめできる本はないかと考えてみました。
でも、上のような事情で、なかなか見つけるのが大変でした。

それでも、数は少ないですが、いい本は存在します。
それを使って勉強しましょう。

そうする事で、大きなリスクを避け、賢く資産運用をすることができます。

資産運用の初心者向けの本

お金とつきあう7つの原則

お金とどう付き合っていくかを解説した一冊です。
だいぶ説明が長くなったので、別のページで詳しく説明しています。「お金とつきあう7つの原則」

あと、この人の本でもう一冊、「超簡単 お金の運用術」という本もおすすめしておきます。
この本でも具体的な運用方法とその理由付けが紹介されています。

詳しくは次のページをご覧ください。
http://tameru.family-budget.net/fuyasu/2011/08/22/100.html

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

かなり売れた本なので、ご存知の方も多いでしょう。
「お金を働かせる」という概念を勉強できます。

お金に対する考え方が変わる、いい本だと思います。

ただ、人によっては、反感を覚える人もいるようです。
まあ、そういう人は、資産運用をしてお金を増やす事自体に否定的なようですけど。


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。