このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

おすすめの投資信託2つをさらに比較

先日、おすすめの投資信託として、eMAXIS シリーズとSTAM シリーズをご紹介しました。

おすすめの投資信託は…やっぱりこれ

今回は、この2つを手数料でさらに比較してみました。

結果をお伝えする前に、簡単におさらいしておきましょう。
投資信託を選ぶ時は、手数料の安いインデックスファンドを中心に考えるのが基本です。

そして、その基準で選ぶと、eMAXIS シリーズとSTAM シリーズがおすすめなのです。
この2つのシリーズは、手数料が安い上に、国内外の株式、債券、リートに投資する事ができます。

信託報酬で比較する

さらに厳密に手数料で比較するために、2つのファンドの信託報酬を比べてみました。
なぜ信託報酬かと言うと、投資信託の手数料の中で一番利いてくるのが信託報酬だからです。

特に、長期投資の場合は、信託報酬の影響が大きいです。

ちなみに投資信託では、このほかに販売手数料や信託財産留保額などの手数料がかかります。

しかしインデックスファンドの場合は、販売手数料は通常とられません。
また、信託財産留保額は一回取られるだけですし、金額も大きくありません。

さらに細かく比較されたい方は、信託財産留保額もチェックしてみてください。

eMAXIS が若干有利

eMAXISSTAM比較結果
日経225年0.42%年0.42%
TOPIXS年0.42%年0.4725%eMAXIS有利
グローバル株式
(eMAXIS は全世界株式)
年0.63%年0.63%
新興国株式年0.63%年0.6825%eMAXIS有利
グローバル債券
(eMAXIS は先進国債券)
年0.63%年0.5775%STAM有利
新興国債券年0.63%年0.63%
国内リート年0.42%年0.525%eMAXIS有利
グローバルリート
(eMAXIS は先進国リート)
年0.63%年0.6825%eMAXIS有利

比較結果を見ていただけるとお分かりのとおり、eMAXIS の方が若干有利なようです。
この表には載っていませんが、信託財産留保額もeMAXIS の方が有利みたいですね。

まあ、ですから、手数料で選ぶのなら、eMAXIS ということになりそうです。

(注:表のデータはしっかり調べて書きましたが、写し間違いがあるかもしれません。そういう場合はご容赦を。)

正しい、最新データをチェックしたければ、次のページをご覧ください。

eMAXIS の手数料
STAM の手数料


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。