スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

おすすめの投資信託は…やっぱりこれ

おすすめの投資信託は何ですか?
投資信託を買ってみたいと思う人が一番聞きたい質問は、やっぱりこれでしょう。

この質問に、私なりの答えを書きたいと思います。
ただその前に、ちょっと一言。

おすすめの投資信託について考える前に、アセット・アロケーションについて考えましょう。
個々の投資信託を選ぶよりも、ずっと大事なことです。

アセット・アロケーションという言葉は、聞きなれない人が多いでしょう。
日本語で言うと、資産の配分とでも言うのでしょうか。

要するに、日本株を○%、外国株を○%、日本債権を○%、外国債家を○%というふうに決めることを言います。

投資で成功するには「どんな株・債権・投資信託を買うか」とか、「どんなタイミングで買うか」というのが大事だと思っている人は多いと思います。
しかし実際は、「どういう配分で買うか」の方が投資結果に与える影響が大きいのだそうです。

ですから、最初に関心を持つべきは、アセットアロケーションであるべきなのです。

で、結局どうやって選べばいいの?

さて、本題に戻りましょう。
資産の配分は別に考えるとして、結局どの投資信託がいいのでしょうか?

その答えは単純明快です。
手数料の安い、インデックスファンドを選びましょう。

インデックスファンドと言うのは、株価指数とか債権指数に連動して動く投資信託です。

連動すると言うのは、指数と投資信託の基準価額が同じ率で変化するという意味です。
もっと具体的に言うと、指数が10%上がるときは、基準価額も10%あがるような投資信託のことを言います。

なぜ手数料の安いインデックスファンドが良いのでしょうか?
それにはちゃんと理由があります。

まず、投資信託の手数料にはかなりの差があります。

たとえば、投資信託には信託報酬と言う手数料があります。
そして高いものだと、預けている資産の3パーセント程度の信託報酬を毎年取るものもあるのです。

毎年3%ということは、単純計算すると、10年たったら投資額の30%も手数料をとられてしまいます。
100万円投資信託を買うと、10年で30万円分の手数料を払うわけです。

こんなに手数料を払っていては、とてもではないですがいい結果は残せません。
ですから、手数料には強くこだわるべきなのです。

次にインデックスファンドを選ぶ理由です。
これも単純明快で、インデックスファンド以外の投資信託(アクティブファンドと言います)と比べると、平均見ればパフォーマンスが良いからです。

一般にインデックスファンドは手数料が安いので、それが影響しているものと思われます。

おすすめの投資信託

上記の基準で比較すると、答えはすぐに出てきます。
三菱UFJ投信のeMAXIS シリーズと、住信アセットマネジメントのSTAM シリーズが、手数料の点では圧倒的に安いです。

ですから、このどちらかから選べば良いでしょう。

ちなみに、両方のシリーズともさまざまなものに投資する事が出来ます。
たとえば、eMAXIS だと、次のようなインデックスファンドが用意されています。

●eMAXIS 日経225
●eMAXIS TOPIX
●eMAXIS 国内債券
●eMAXIS 国内リート
●eMAXIS 全世界株式
●eMAXIS 先進国株式
●eMAXIS 先進国債券
●eMAXIS 先進国リート
●eMAXIS 新興国株式
●eMAXIS 新興国債券

国内外の株式、債券、不動産のインデックスファンドがそろっています。
STAM だと次のような感じです。

●STAM 日経225
●STAM TOPIX
●STAM グローバル株式
●STAM 新興国株式
●STAM 国内債券
●STAM グローバル債券
●STAM 新興国債券
●STAM J-REIT
●STAM グローバルREIT

若干名称は違いますが、大体同じ品揃えですね。
ようするに、この2つのシリーズどちらを選んでも、国内外の株式、債権、不動産に投資が出来ます。

これだけそろっていれば、何にでも投資する事が可能ですね。

ちなにみ、STAM のほうが取り扱い金融機関は多いようです。
SBI 証券などのネット証券では、どちらも扱っているケースが多いようですね。

最初に書いたように、これをどういう比率で買うかが問題です。

補足

両シリーズについて、手数料で比較してみました。
購入の際の参考になさってください。


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。