積立型の金融商品を使って資産運用しお金を貯める・増やす

確定拠出年金を使った積立

確定拠出年金(個人型)で老後の生活資金を貯えつつ税金対策

確定拠出年金はかなり有利な商品です。
客観的に見て、これだけ有利な商品は無いと思っていいでしょう。

利用できる人はぜひ利用していただきたいと思います。
特に、厚生年金に入れない個人事業主とかフリーランスの人は利用価値が大きいでしょう。

ただ、全員が利用できるわけではありませんし、制約もあります。
このあたりは若干の注意が必要です。

確定拠出年金を取り扱うネット証券は?
個人事業主は確定拠出年金に入って減税の恩恵を
財形年金は微妙な感じ(できることなら確定拠出年金(個人型)に入ったほうが良いかもね)

株式の積立

「株式るいとう」で株式の積立投資

一部の証券会社では、株式を積立てる金融商品を販売しています。毎月1万円程度から株式に投資できるという、魅力的な商品です。投資を習慣に出来るのも、うれしい点ですね。

これらの商品の仕組みはどうなっているのでしょうか。また、どんな特徴や、メリット・デメリットがあるのでしょうか。

「株式るいとう」で株を積立てる仕組み
株の積立商品はどこで買えるのか(あと、おすすめは?)
株式を積立てるメリット・デメリット

投資信託の積立

投資信託の積立をしよう

積立が出来る金融商品としては、投資信託の積立も有力です。
この商品に関しては、ネット証券が力を入れているようです。

投資信託を積立てるメリット
投資信託で積立てるデメリット
投資信託積立に便利な証券会社
ネット証券では1,000円からの投信積立がスタンダードに…そうなるとSBI 証券が有利かな

生命保険を使って積立

生命保険を使ってお金を積立

生命保険を使った積立も、可能といえば可能です。
コスト面とか流動性の問題とか、気になる点はたくさんありますけどね。

生命保険を使って積立てるメリット
生命保険を使ってお金を貯めるデメリット

変額保険で積立てるのってどうだろう?

生命保険を使って積立をするのはどうだろう?
金利固定の商品で積立をするというリスクを認識すべき
生命保険で積立てるのが合理的なケースがあるとすれば
変額保険を使って積立をするという選択肢はどうだろう
変額保険を使って積立をするときのそのほかの問題

その他の積立商品

純金・プラチナの積立でお金を増やす

その他の積立商品としては、純金などの積立も考えられます。
テレビCMもやっているので、存在自体はご存知の方も多いでしょう。

ただ、ちょっと手数料は気になりますけどね。

積立・ドルコスト平均法を利用した資産運用は有利なのか?

ドル・コスト平均法は安いときにたくさん買う方法
ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?
ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?続き
ドルコスト平均法(というか積立投資)は機会損失につながるので合理的でない
積立をして大損する確率を減らすことが必ずしも得ではない
リスクを減らしたければ、積立より分散を
積立を使った正しい資産運用はどういう形?

参考

お金の積立には色々な商品が利用できる

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。