株式投資でお金を増やすための方法と基礎知識

株式投資の基礎知識

株式会社と株式について考えてみる

株式投資という言葉は良く聞きますが、いた対何に投資しているのかわかっていない人も結構多いようです。まず、基礎の基礎から説明します。

どうすると株式投資でお金を増やせるか?

株式投資の基本は安く買って高く売る事です。でも、それ以外にも株式投資でお金を増やす方法はあるんです。

会社のを丸ごと買い取るにはいくら必要?

会社丸ごと一個の値段って興味ありませんか?株式を市場で買えるような会社なら、その価格が簡単に計算できるんです。

PER(株価収益率)を計算しよう| 株式投資で一番大事な指標です

株価収益率は株価と利益の関係を表す数字です。株式投資において一番大事な数字の一つと考えられています。その数字の意味を理解するために、どうやって計算するのかを覚えておいても良いでしょう。

自己資本比率を知れば倒産するリスクが大きい株は避けられる

株式投資で一番怖いのは、投資している企業が倒産してしまうことです。そんなことがあれば、あなたが投資しているお金は、一瞬で消えてしまうのです。

そういうことを避けるのに役立つのが、自己資本比率という数字です。自己資本比率を把握しておけば、倒産しやすい会社は避けるのが容易になるでしょう。これだけで完璧とは言いませんけどね。

プロはハンディを背負っている

株の世界ではプロには絶対に勝てないと思っていませんか?しかし、プロには色々な制約があり、必ずしもプロが有利というわけではないようです。

10万円以下で買える株式が増えてきた│個人投資家も個別株の分散投資が可能に

最近は10万円以下で変える銘柄が増えてきたそうです。これにより、個人でも分散投資が可能になってきています。

株式投資で覚えておきたい4つの数字(1):配当利回り
株式投資で覚えておきたい4つの数字(2):PER(株価収益率)
株式投資で覚えておきたい4つの数字(3):PBR(株価純資産倍率)
株式投資で覚えておきたい4つの数字(4):ROE(株主資本利益率)

配当が多いか少ないかの指標「配当利回り」

株式投資において、その株に投資すべきかどうかを表す数字に配当利回りというものがあります。単語から分かるように、投資額に対する配当金の割合を示す数字です。大事な考え方なので、ぜひ覚えておきましょう。

株式投資でお金を増やす─どんな手順を踏むの?

配当利回りにも注目してみよう

そもそも株って何?

株式投資で儲けるには

株式投資でお金を増やすための方法

損をしにくい株式投資─大損を避けるにはどうしたら良い?

まず、損をしにくい方法を考えてみましょう。最初に、失敗しない方法を知っておくのは大事な事です。

塩漬け株の処理の仕方

買った値段から株価が大幅に下がり、売るに売れなくなった株を塩漬け株といいます。何の見込みもないのに、いつまでも持っていても仕方がないですよね。

そこで、思い切って処分する為の方法をご紹介します。

株主優待を基準に投資する会社を選ぶのはやめましょう

株式優待をもらうために株式投資をするという人がいるようです。はっきり言ってナンセンスです。今すぐやめてください。

インドや中国などの成長力の高い国に投資するには?

成長力の高い国々へ投資するにはどのような方法を取ればよいのでしょうか?実は、すぐれた方法があるんです。

株式投資のギャンブル的な要素

株式投資には、当然ながらギャンブル的な要素があります。小額のお金であれば、思い切ってギャンブルとして楽しんでみるのも悪くないかもしれません。

ミニ株投資ができるネット証券│1万円からはじめる株式投資

以前はミニ株といえば単元株の10分の1単位の投資でした。最近は、一株単位の株取引も可能なようです。これならまとまったお金が無くても分散できますね。

また、小さな額から株式投資を始めたいという根強い要望もあります。特に初心者の方はそういう希望が強いでしょう。そういう要望をかなえるための制度としても、こういったサービスは優れていると言えそうです。

10万円で買える株を探してみた─しかも健全な経営をしている会社のやつを

どうすると株式投資でお金を増やせるか?

景気が後退しているときの簡単な企業分析法

株価が低迷しているときの企業分析の方法がダイヤモンドに紹介されていました。

株式るいとう─株式を長期で積立てる

株式の積立をすることも出来る

株式投資というとタイミングを計った売買を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、長期でコツコツと積立てる事も可能です。

株式るいとう
株式るいとう 証券会社を選び

株式の積立は思いのほか手数料が高い事があります。どの証券会社を使うかはとても重要です。

ネット証券で買える「株式るいとう」に類似した商品

カブドットコム証券ではるいとうに類似した商品を扱っています。しかも、るいとうより格段に優れた特徴があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。