変化が大きい中国の経済は観察し続ける必要がありそうです

中国の経済は興味深い点が多いです。1990年代には農業国だったのが、世界第2位の経済大国になりました。

ただ、世界第2位という数字とは裏腹に、さまざまな問題を抱えています。国内のインフレ問題もありますし、将来的に不良債権となると思われる無理な貸し出しもすさまじい額に上ります。また、金持ちが海外に資産を移しているという現実まであるようです。

最近は下り坂という指摘すらあります。その証拠に、中国国内で生産をしている外資系企業の多くは、東南アジアなどに工場を移しているようです。

経済問題だけに限っても、観察すべきことがたくさんあります。

コンテンツ

スポンサードリンク

コメントをどうぞ