統計

1539

カテゴリーの記事一覧


■ このページは 中央値について の続きです


平均値と中央値が大きく違う例を、もう一つ見てみましょう。

(さらに…)

ニュースで紹介される統計データとしては、平均値が用いられる事が多いです。

しかし、平均は誤ったイメージを与えることがあります。
「普通の人=平均」とならないことも多いのです。

統計データにだまされない為には、平均値ではなく中央値もチェックする習慣を身につけましょう。

中央値というのは、全体の中で真ん中のデータという意味です。
例えば5人の人がいた場合は、3番目の人のデータが中央値にあたります。

統計データが発表されるときには、平均値が紹介されるのが一般的でしょう。
しかし、中央値が発表される事も多いです。

(さらに…)