‘保険のを選ぶときの知識’ カテゴリーのアーカイブ

個人事業主には生命保険の無料相談は良い選択肢かも

2012年3月8日 木曜日
生命保険の無料相談にはメリットもデメリットもあります。
そのデメリットのために、私個人の見解としては、有料の方がいいのではないかと思います。

しかし、個人事業主に関しては、無料相談でもいいのかもしれません。

生命保険の相談には、有料のものと無料のものがあります。
無料相談というと、何とも気前の良い話に感じますね。

でも、何のことはありません。
無料相談というのは、多くの場合、保険代理店の営業に過ぎないからです。

(さらに…)

個人事業主と医療保険「病気でもしたら大変なことに」

2011年5月10日 火曜日

個人事業主は死亡保険だけでなく医療保険も充実させないといけません。
というのも、個人事業主は会社員とは違い、怪我や病気で仕事を休むときの補償がないからです。

病気で仕事が出来ないとき、会社員の場合は、健康保険から傷病手当金がもらえます。
この傷病手当金は、1日当たりいくらという形で、支給されます。

気になるのは金額ですが、大雑把に言うと、
普段もらっている給与の三分の二の額を受け取ることができます。

例えば、45万円の給与をもらっている人なら、1ヶ月の給与の三分の二は30万円です。
ですから、1日あたり1万円貰えるという感じになります。

(さらに…)

死亡保険の保険料をさらに引下げるには

2010年4月6日 火曜日

死亡保険の保険料を引下げるには、定期保険に入るのがいい方法です。
定期保険は掛け捨てなので、定期付終身保険や終身保険より保険料が安いのです。

しかし、さらに保険料を減らすことは出来ないでしょうか?

最近は、定期保険のなかでも逓減保険とか収入保障保険といったさらに保険料の安い保険が人気のようです。

(さらに…)

生命保険会社で買える保険

2010年4月2日 金曜日

最初に、生命保険会社でどんな保険が買えるのか見ておきましょう。
どんなものが売られているかわからないと、選びようがありませんよね。

死亡保険(生命保険といえば死亡保険です)

死亡保険というのは、誰かが死亡すると保険金がもらえるというタイプの生命保険です。
生命保険を代表する保険といって良いでしょう。

保険のパンフレットなどで「死亡保障○○円」などの表記があるものは死亡保険を含んでいます。

ちなみに、保険が降りるかどうか判断する対象になる人を「被保険者」といいます。
死亡保険の場合は、被保険者が死亡すると、保険金がもらえます。

よく使う単語なので、覚えておきましょう。

ちなみに、死亡保険は定期保険と終身保険に分けることが出来ます。

(さらに…)

身近な人のアドバイスで保険に入ると…

2010年4月1日 木曜日

●トラブルの原因になるかもしれません

世の中には身近な人のアドバイスを参考に保険に入る事があるようです。
しかも、専門家ではなく、親兄弟や会社の上司の勧めで入ったりするようです。

こういうケースで最も怖いのが、誰かがすすめる保険に入ったばっかりに人間関係が壊れてしまうことです。
次のようなケースを考えてみましょう。

(さらに…)

自分で勉強して生命保険を選ぶ

2010年3月31日 水曜日

生命保険を自分で選びたいという人もいるでしょう。
「保険の選び方」といった本を買ってきて、自分で保険を選ぶと言う人もいるでしょう。

もちろん、こうすることは可能です。
しかし、大変時間がかかる作業だと思います。

(さらに…)

保険は使い勝手が悪い

2010年3月31日 水曜日

保険についてもう一つ知っておいてほしいことがあります。
それは、保険という商品は他の金融商品と比べて使い勝手が悪い商品だということです。

なぜ使い勝手が悪いかというと、それぞれの保険商品は一つの目的以外には使えないからです。

死亡保障の生命保険は、死亡しない限りお金がもらえません。
自動車保険は事故がおきないとお金がもらえません。
医療保険は通常、入院しないとお金がもらえません。

このように、一つ一つの目的毎に保険に入らないといけないのです。

(さらに…)

保険金を受け取り損ねることがある

2010年3月30日 火曜日

保険は自分で請求して初めて受け取ることができます。
こっちから申し出ない限り、保険は受け取れないのです。

つまり、保険料は払っているものの、いざという時にお金をもらえないこともあるわけです。

親身になって相談に乗ってくれる保険代理店があって、その代理店が親切に教えてくれることはあるかもしれません。
でも、そういうラッキーなケースばかりではないはずです。

(さらに…)

親・兄弟・友人・会社の上司などのすすめる保険に入る

2010年2月24日 水曜日

このケースは説明不要だと思います。

しかし、身近な人にすすめられる保険にそのまま入る人も実際にいるようです。
一応書いておきましょう。

(さらに…)

保険は高額な商品だと認識しよう

2010年2月22日 月曜日

最初にどうしても書いておきたいことがあります。
それは、保険は高額な商品だということです。

保険を契約するときには、高額な商品を購入しているという意識がない人が多いようです。
月々の支払いが数万円程度なので、高額な商品を買っているという意識を持っていないのでしょう。

これから保険の契約をするにあたり、かなりの高額商品を購入しているのだという意識を持つようにしましょう。

(さらに…)