‘生命保険’ カテゴリーのアーカイブ

個人事業主は間違いなく老後の生活費対策が必要

2013年10月13日 日曜日

個人事業主というスタイルを選んだ人が、確実に考えないといけないことが一つあります。それは、老後の生活費をどうするかです。

個人事業主がそうしないといけない理由は簡単です。会社員だった人と比べて、公的な年金が確実に少なくなるからです。しかも、かなり大幅に少なくなる可能性があります。

(さらに…)

無料相談などを使ってみたらどうだろう│ 個人事業を始めるときには生命保険の変更を検討しよう

2012年5月22日 火曜日

ここまで書いたように、個人事業を始める人は生命保険の見直しをすべきです。

ただ、そうは言っても、保険の見直しをためらう人も多いでしょう。
なぜかと言うと、今回提案しているのは、生命保険の保障を増やしましょうと言う話だからです。

一般的に言うと、保障を充実させれば月々の保険料も増えてしまいます。
家計にとっては負担になります。

(さらに…)

個人事業を始めるときには生命保険の見直しを検討しよう

2012年5月22日 火曜日

個人事業を始めるとき、必ずして欲しい事があります。
それは、生命保険(特に死亡保険)と医療保険の見直しです。

死亡保険と医療保険というは、それぞれ次のような保険です。

・死亡保険: 誰かが死亡したときに、保険金が出る保険。生命保険といわれて思い出すのはこの保険でしょう。
・医療保険: 入院したときに入院1日に月○円と言う形で保険金が出る保険。テレビで頻繁にコマーシャルが流れています。

この2つの見直しは、必ずやったほうがいいです。

(さらに…)

個人事業主には生命保険の無料相談は良い選択肢かも

2012年3月8日 木曜日
生命保険の無料相談にはメリットもデメリットもあります。
そのデメリットのために、私個人の見解としては、有料の方がいいのではないかと思います。

しかし、個人事業主に関しては、無料相談でもいいのかもしれません。

生命保険の相談には、有料のものと無料のものがあります。
無料相談というと、何とも気前の良い話に感じますね。

でも、何のことはありません。
無料相談というのは、多くの場合、保険代理店の営業に過ぎないからです。

(さらに…)

個人事業主の健康保険は2つの点でサラリーマンより大きく不利

2011年7月23日 土曜日

個人事業主になると、社会保険や労働保険の保障が、サラリーマンとは大きく異なります。
はっきり言って、不利になることが多いです。

健康保険もその一つと言っていいでしょう。

個人事業主になると不利になるのは、具体的には次の2点です。

●所得に対して支払う保険料が高くなる
●病気で働けない時の保障がなくなる

具体的にどんなふうに不利になるのでしょうか?

(さらに…)

社会保険の事を考えたら個人事業主なんてなるもんじゃない サラリーマンは有利だよ

2011年7月23日 土曜日

サラリーマンを辞めて個人事業主になると、大きな変化が色々とあります。
そのうちの一つが、年金や健康保険などの社会保険でしょう。

そして、この変化は、明らかにマイナス方向の変化です。

個人事業主の社会保険は、はっきり言って貧弱なのです。

実際にどの程度のデメリットなのか、ざっくりとですが見てみましょう。
会社を辞めるのを思いとどまる人も多いかもしれませんよ。

(さらに…)

個人事業主と医療保険「病気でもしたら大変なことに」

2011年5月10日 火曜日

個人事業主は死亡保険だけでなく医療保険も充実させないといけません。
というのも、個人事業主は会社員とは違い、怪我や病気で仕事を休むときの補償がないからです。

病気で仕事が出来ないとき、会社員の場合は、健康保険から傷病手当金がもらえます。
この傷病手当金は、1日当たりいくらという形で、支給されます。

気になるのは金額ですが、大雑把に言うと、
普段もらっている給与の三分の二の額を受け取ることができます。

例えば、45万円の給与をもらっている人なら、1ヶ月の給与の三分の二は30万円です。
ですから、1日あたり1万円貰えるという感じになります。

(さらに…)

個人事業主と死亡保険「サラリーマンと違う特殊事情」

2011年2月15日 火曜日

このページでは生命保険の「死亡保険」について考えてみよう。
死亡保険というのは、誰かが死亡すると保険金が下りるタイプの保険である。

結論から言うと、個人事業主の方がサラリーマンより死亡保険の重要性は大きい
具体的にどう違うのだろうか?

(さらに…)

個人事業主と生命保険「とても残念だが…」

2011年2月15日 火曜日

ここではとても残念なお知らせをしなければならない。

個人事業主やフリーランスは、生命保険の保障を手厚くしないといけない

保障を手厚くすると、当然、保険料の負担は大変になる。
しかし、この部分は頑張って支払って欲しいのだ。

(さらに…)