このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人事業主は確定拠出年金(個人型)で老後の準備と節税を

確定拠出年金は、老後の年金を積立てる仕組みの一つです。また、個人事業主は確定拠出年金の個人型を使うことで、所得税と住民税を大きく減らすことが出来るかもしれません。老後の準備をしながら節税が出来るという、かなり優れた商品と言って良いでしょう。

確定拠出年金(個人型)とは

確定拠出年金と言うのは、企業や個人が掛金を支払って積立て、老後に年金をもらうと言うシステムです。

国民年金や厚生年金だけでは、老後の生活費として不足することが考えられます。その不足する部分を補うための積立の制度だとお考え下さい。

個人事業主の場合は、確定拠出年金の個人型に入ることが可能です。個人型の場合、自分で毎月掛金を払います。そして、老後に年金を受け取ります。

このシステムでは、最終的に年金としていくらもらえるかは当初決まっていません。年金の資金は基本的に自分で運用し、運用結果次第で年金の額が変わるのです。

拠出額(掛金)だけが決まっているので、確定拠出年金と言います。

運用と言ってもそれほど難しいものではありません。基本的には投資信託の積立と同じです。あなたがやることは、積立てるファンド(投資信託のようなものです)を指示するだけです。積立てたファンドを売買することも可能です。

確定拠出年金に関しては、「確定拠出年金はおすすめの積立商品」をご覧下さい。

個人事業主は老後の生活費の準備が特に必要

確定拠出年金は、個人事業主にピッタリの仕組みと言えるでしょう。というのも、個人事業主の公的年金は国民年金だけなので、率直に言って老後の資金としては全然足りないのです。

サラリーマンのように厚生年金が無い分、自分で準備をするしかないわけですね。そして、その時便利なのが確定拠出年金というわけです。

ちなみに、制度設計をした国も、当然このことは意識しているようです。その証拠に、個人事業主が属する国民年金第1号被保険者の月額の掛け金の上限は、6万8000円もあるのです。

これは、第2号被保険者や第3号日保険者の上限2万3000円と比べて3倍近い金額です。つまり、個人事業主は、この仕組みを使って自分で貯めろと言っているわけですね。

税制の優遇措置がある

さて、確定拠出年金(個人型)に入るのには、もう一つ大きなメリットがあります。それは、税制の優遇があるからです。はっきり言って、かなり優遇されています。

生命保険料控除をイメージすると分かりやすいかな

イメージとしては、生命保険料控除を思い浮かべてもらうと分かりやすいでしょうか。生命保険の保険料を払うと、その一部が所得税や住民税の控除に使えるという仕組みですね。

確定拠出年金(個人型)も似たような税制優遇の仕組みがあります。しかも、生命保険料控除と違って、支払った掛金の全額が控除の対象になるのです。

どのくらい税金が安くなる?

控除に使えるという事は結果的に所得が小さいとみなされるという事です。所得が小さければ、所得税や住民税が安くなります。

例えば確定拠出年金で、月々5万円の掛金を支払ったとします。そうすると、年間で60万円の掛金を支払うことになります。この場合、所得税を計算するときに、所得が60万円少ないものとして計算されます。

仮に所得税の税率が10%だとすると、所得税が6万円安くなります。高所得の税率が高い人なら、所得税の税率が高いので数十万円単位の節税効果があるわけです。

また、住民税も同様の仕組みで安くなります。トータルでは、かなり大きい効果が期待できることが分かっていただけると思います。

ちなみに生命保険の場合は、控除額の上限が決まっているので、こんな大きな節税効果は期待できません。生命保険の手数料が高いことを考えると、節税の効果があっても不利な消費とすら言えるくらいです。

税制の優遇はこれだけではないのですが、細かい話になりすぎるので割愛します。

おすすめはSBI証券

確定拠出年金をはじめるときには、運営管理機関というのを選ばないといけません。運営管理機関は何をするところかと言うと、あなたの資産運用の窓口になるところです。

例えば運用の指示は、あなたが運営管理機関に対して行います。「Aファンドを積立てなさい」などの指示をするわけですね。

運営管理機関は、銀行や証券会社などが行っています。しかし、すべての金融機関が管理機関になっているわけではありません。ですから、確定拠出年金を始めるには、運営管理機関を探して選ぶ必要があります。

ちなみに、運営管理機関はどこでも同じかというとそうではありません。

まず、投資できる金融商品は運営管理期間によって異なります。投資できる商品が少ないところを選んでしまうと、それだけで不利です。

また、運営管理機関は年間いくらと言う形で管理手数料を取ります。この手数料にはかなりの幅があるのです。ですから、この手数料も運営管理機関選びのポイントになります。

運営管理機関の中で、私がおすすめするのはSBI証券です。

なぜここをおすすめするかと言うと、手数料が比較的安いからです。その上、積立てに使えるファンドの種類が多いというメリットもあります。

手数料が安くて積立可能なファンドが多いわけですから、確定拠出年金の管理機関としては条件がそろっていると言って良いでしょう。

さらに言うとSBI証券は、オリコンの行っている顧客満足度調査で何度も1位になっています。これを書いている時点だと、2016年も1位でした。

興味がある方は、資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。