このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

公共料金や家賃は事業主用の銀行口座で引落を

個人事業主が自宅を事務所などとして使用することも多いと思います。こういうケースでは、公共料金の引落しは、ビジネス用に作った銀行口座をりようしましょう。

自宅が賃貸住宅の場合、家賃の引落しもビジネス用の口座を使った方が良いです。その他にも、公私共に使うものがあれば、ビジネス用の銀行口座を使って引落しをしましょう。

公共料金の引落しはビジネス用の口座をつかう方が、将来的に楽

公共料金やら自宅の家賃やらを、事業用に作った銀行口座で引き落とす理由は簡単です。その方が、後々の会計処理が楽なのです。

公共料金やら家賃やらの一部は、事業で使った経費と認められます。経費として認められるということは、事業用の口座からお金が出て行いった方が分かりやすくなります。銀行通帳を見れば、一目瞭然ですよね。

ですから、引き落しの口座としてとして、事業用の銀行口座を使っておくべきなのです。特に、青色申告をする人には、メリットは大きいでしょう。簡単に言うとこういうことです。

個人事業主向けの良い銀行があります

ちなみに、個人事業主が事業用に用意するのにぴったりな銀行口座があります。ジャパンネット銀行という銀行には個人事業主向けの口座があるのです。

これを使うと、屋号で口座を持つことができます。振込先の指定に屋号が入っているとうれしいですよね。

また、振込み機能も充実いs手います。個人事業主が使うには、非常に使い勝手が良いと思いますよ。

ちなみに、これに関しては、次のページもご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。