このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

民間の金融機関から、できるだけ低い金利で事業資金の融資を受ける

事業資金を安く借りようと思うなら、公的な融資制度を使いたいものです。

いきなり民間の金融機関からお金を借りたのでは、ビジネスが立ち行かなくなる確率はかなり高くなります。
起業直後のお金が入ってこない時期に、高い金利を払うのは、どう考えても無理がありますよね。

ただ、民間の金融機関を使った場合でも、比較的低い金利でお金を借りられることもあります。
あるいは、比較的大きなお金を借りられるシステムもあるようです。

お金を借りる選択肢は多ければ多いほど良いはずです。
どんなところでお金を借りられるのか、事前に把握しておくことは重要でしょう。

生命保険会社からお金を借りる

貯蓄性の生命保険に入っている人は、生命保険会社からお金を借りる事ができます。
簡単に言うと、自分の保険を担保に、お金が借りられます。

契約者貸付といいます。

無審査の上に、すぐに借りられる事が多いので、急遽現金が必要な時には大変便利です。
ぜひ覚えておきましょう。

ビジネスローンの金利はピンキリ

事業用にお金を借りるとなると、まず考えるのはビジネスローンでしょう。
いろいろな金融機関がビジネスローンを用意しています。

ただ、一口にビジネスローンと言っても、その金利はピンきりです。
ですから、少しでも条件が良いところで借りられるように、十分に検討したいものです。

ちなみに、都市銀行だと10%以下ぐらいで設定しているところが多いようですね。
例えば、三菱東京UFJだと「年2.35%~年9.00%」という幅で設定しています。

■ ビジネスローン「融活力」 | 三菱東京UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/chusho/kariire/yukatsuryoku/index.html

一方、貸金業者だと10%を超える事が多いようです。

担保があればまとまったお金を長期に借りられる

当たり前といえば当たり前ですが、担保があるとお金が借りやすくなります。
しかも、融資の額も増えますし、借りられる期間も長くなります。

ちなみに、担保というと不動産を思い出す人も多いと思いますが、必ずしも不動産には限りません。
例えば、証券を担保にしたローンなども存在します。

不動産の担保のビジネスローン
証券担保ローン


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。