スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人事業者の融資「どこから借りられる?」…まずは公的な制度を使おう

これから事業を始めようと思っている人も、既に始めている人も、お金をどこから借りるかというのは頭の痛い問題です。

特に、これから事業を始める人なんて、何の実績もありません。
そもそも自分にお金を貸してくれるのかどうか、不安になっている人もいるでしょう。

それに、これから事業を始める人は、事業資金を借りるということがどういうことなのかすら、体感的にはわかっていません。
はっきり言って、不安でいっぱいでしょう。

それに、どこに行ったら良いかすら、よくわからないですしね。

しかし、手持ちの資金がないことには事業は始められません。
とりあえず、どんなところから借りられる可能性があるのか、調べてみることにしました。

公的なものも含めて、意外とたくさんお金を貸してくれるところはありそうです。
もっとも、実際に貸してくれるかどうかは、また別の問題ですけど。

このページでは、公的な制度にどんなものがあるか、見ていきたいと思います。

日本政策金融公庫

まず最初に検討するのは、公的な機関からでしょう。
金利などを考えると、民間よりも安く借りられる可能性が大きいです。

事業資金を貸してくれる公的な期間としては、まず、日本政策金融公庫が挙がります。
以前、国民生活金融公庫と言う名前だったところです。

日本政策金融公庫では、以下のような新規事業関連の貸付を行っています。

新たに事業を始める方(開始して間もない方)|国民生活事業|日本政策金融公庫

ここで紹介したのはあくまで一例で、それ以外にもいろいろな融資を用意しているようです。

この金融機関は全国に店舗があります。
とりあえず一度、説明を聞きに出向いてみてはいかがでしょうか。

都道府県や市町村もお金を貸してくれる

日本政策金融公庫だけでなく、都道府県が個人事業主に事業資金を貸してくれることもあります。
例えば、神奈川県の場合、次のような仕組みがあります。

小規模事業資金 – 神奈川県ホームページ

本格的な融資から、小額のクイック融資まで、ニーズに応じた融資が用意されているようですね。

神奈川県以外でも各県で類似の融資があるでしょう。
チェックしてみてください。

ちなみに、都道府県だけではなく、市町村でも事業用の融資がある場合もあります。
例えば川崎市の場合、個人事業主および、中小企業向けのに次のような仕組みがあります。

川崎市 小口零細対応小規模事業資金

市町村単位でこの手の融資があるのは、ある程度大きい自治外に限られるかもしれませんけどね。
都道府県や市町村の場合も金利が安いので、積極的に検討したいですね。

信用保証協会とは

ちなみに、神奈川県で借りる場合も、川崎市で借りる場合も信用保証協会の保証が必要です。
当然ですが、ほかの地方自治体から借りる場合も、信用保証協会に保証してもらう必要はあるでしょう。

信用保証協会というのは何かと言うと、要するに、保証人の代わりになってくれる機関です。
信用保証協会が保証してくれるので、通常の個人の融資よりも低利で借入ができるわけです。

各都道府県の信用保証協会のサイトに行くと、融資の情報が載っていたりします。
こういうところをチェックしてみてもいいでしょう。

例えば神奈川県の場合は、次のような情報が載っています。

主な保証商品 神奈川県信用保証協会

ちなみに、信用保証協会に保証してもらって、地方自治体からお金を借りることを制度融資と言います。

どこから借りるにしろ、信用保証協会の審査に通れば無担保無保証で低利でお金が借りられます。
個人事業の強い見方となるでしょう。

そのほかにも、探せばいろいろと見つかりそう

主なところは大体このあたりでしょうか。
ただ、このほかにも、探せばいろいろと見つかりそうです。

例えば、次のような国の制度を見つけました。

国の無担保・無保証人の低利融資「小企業等経営改善資金融資制度(マル経融資)」

国の制度の場合、探せばいろいろとありそうです。
省庁ごとに管轄が違うので、一般にあまり知られていないものも多そうですね。

まずは、金利の安い公的な制度を使った融資を考えてみましょう。


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。