このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

会計がわからない → 記帳代行と言う手もあります

多くの人にとって、会計処理は鬼門の一つと言っていいでしょう。

個人事業をするには、形はどうあれ、お金の出入りを記録しないといけません。
青色申告のメリットを得ようと思えば、さらに求められるハードルは高くなります。

正直に言って、独立した直後の人には、これらの知識を身につけるのは大きな負担です。

最近の会計ソフトは優秀で、完璧な知識を持たなくてもある程度自分で確定申告に必要な書類を作る事ができます。
それでも、まったく知識を持たなくて良いということではありません。

やはりある程度の基本を理解しておかないと、ソフトを使いこなすことは難しいでしょう。

簿記・会計の知識は、経営を行う上では非常に役立つ知識です。
ですから、長期的に考えると、その知識を身につけることは大きなメリットがあります。

ただ、その時間が取れないという人がいるのも現実です。
そういう人はどうしたらいいのでしょうか?

実は、そういう人に便利なのが記帳代行というサービスです。
年間数万円程度のコストは掛かりますが、会計処理に必要な手間は大幅に軽減されることでしょう。

記帳代行とは?

記帳代行と言うのがどんなサービスなのか、すみだ確定申告センターと言うところのサイトから引用してみましょう。

【1】記帳代行とは
記帳代行とは、領収書や通帳等のコピーをお預かりして、貸借対照表・損益計算書・試算表等の作成、お預かりした領収書等の整理を行い、日々の経理業務、帳簿の記帳や領収書の整理等を一手に引き受けるサービスです。

【2】記帳代行サービスの存在意義
通常、企業などでは記帳業務を行う経理社員を雇い対応する事が多いのですが新会社法による少人数の株式会社設立で発生する人員欠如や設立から数年経つ企業でも月15万から20万円もかかる経理担当者の人件費や教育費、入社・退社などによる問題があり記帳代行サービス会社へアウトソーシング(業務委託)をする個人、法人が増えています。
記帳代行サービス会社とは、経理社員が行う業務を専門に行い、安い価格で行う会社を記帳代行サービス会社と呼んでいます。

要するに、領収書や通帳のコピーを送るだけで、会計処理を全部やってくれるわけです。
忙しい個人事業主には、強い見方だと言えるでしょう。

しかも、この手のサービスを税理士に頼むと、それなりの値段を取られます。
以前、知り合いの税理士に聞いたら、「個人は20万円」と言っていました。

ちなみに、すみだ確定申告センターの場合だと、諸経費込みで月額6,500円と言うことです。
ということは、年額で7万8000円と言うことになります。

つまり、税理士と比べると半額以下で会計処理をしてくれるのです。
これは魅力的といえるでしょう。

さらに言うと、会計知識を持つ人をアルバイトなどで雇って、処理をしてもらうことも可能です。
でも、その場合は、年8万円では絶対に無理ですよね。

そう考えると、8万円はやっぱり高くないのだとは思います。

時間とコストをどう考えるかでしょう

あとは、年間8万円弱と言う値段をどう考えるかでしょう。

会計処理をするにはそれなりの時間が掛かります。
簿記を一から覚えるとすれば、さらに数日取られることになるでしょう。

その時間を8万円で買うのが安いのかどうかというのが、判断のポイントの一つになるでしょう。

付け加えると、専門家に任せると言う安心感も手に入ります。
簿記を多少勉強しても、自分のやっている会計処理が正しいのかどうか不安が残るものです。

もし間違っていたら、「税務署からいろいろ言われるのでは?」と心配になりますよね。

専門家に任せることで、そういった心配はなくなります。
これはもう一つのメリットです。

こういうメリットを踏まえて、コストに見合うかどうか考えてみてください。
十分に見合うと思うのなら、チェックしみる価値はあるでしょう。

すみだ確定申告センター


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。