スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

「証券担保ローン」担保に出来るのは不動産だけではない

お金を借りる時に担保として使われるものといったら何でしょうか?
やっぱり、真っ先に思い浮かぶのは不動産でしょう。

持ち家がある人はそれを使うことで、借入金利を下げたり融資の枠を大きくする事ができます。

ただ、お金を借りる時に担保に出来るのは不動産だけではありません。
株式などの有価証券が担保として使えることもあります。

持ち家は持っていないけど、株式とか国債だったら持っているという人もいるでしょう。
そういう人は、せっかく持っている資産ですから、ぜひ有効に活用してください。

普通は有価証券を売るほうが合理的

もちろん有価証券の場合、市場で売却して現金化できるというケースが多いはずです。
高い金利で長期の借り入れをするのなら、売却して現金化する法が理にかなっています。

借金をするのに有価証券を持ち続ける合理的な理由は、普通はありません。

つなぎ資金に使うのなら筋が通る

しかし、個人事業主や中小企業経営者がつなぎ資金をほしい時などには、ある程度の意味は持つでしょう。
数日間だけ現金がほしいというようなニーズがある場合ですね。

こういうケースでは、手持ちの有価証券をいちいち市場で売却するのは、逆に非効率です。
思わぬ安値で売却することになるかもしれませんし。

ですから、証券を担保にローンを借りるという選択肢は、十分有効だと思われます。

ちなみに、つなぎ資金は無担保でも借りることは出来ます。
消費者金融などを使った場合ですね。

ただ当然ですが、担保があったほうが借入額は大きく出来ます。
また、審査にも通りやすくなるでしょう。

その意味でも有効な手段の一つだと思います。

証券担保ローンを扱っている会社

たとえば、次のような会社で証券担保ローンを扱っているようです。

共済クレジットビジネスローン

この会社の場合は、ビジネスローンも扱っているようですね。


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。