スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人事業主にとって消費者金融はとても大事

消費者金融といえば、年々規制が厳しくなっていく業種です。

最近の規制で言うと、総量規制と大きな変更がありました。
借入額の総額が、年収の三分の一を超えてはいけないと言う規制です。

これにより、消費者金融の経営が厳しくなったのは間違いないでしょう。
変更の是非に関してはいろいろな意見があるでしょうけどね。

とにかく、利用する側からしても、使いにくくなっているのは事実です。
特に、個人事業主の場合は、つなぎしきんとして消費者金融を使いたい場合も多いでしょう。

それが利用しにくくなると、経営上かなり大きな問題です。

事業資金として借りる場合は総量規制の対象外

こんなふうに脅しておいてなんですが、とりあえずは心配しすぎる必要は無さそうです。
なぜなら、事業資金は総量規制の対象外になるそうです。

つなぎの資金として消費者金融を利用することは、今までどおり可能なようです。

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

でも現実問題とし、個人事業の場合は事業資金と生活費の区別は難しいものです。
事業資金なのかそうでないかは、どうやって判断するのでしょうか?

ちょっと気になるところですね。

あと、金利などの規制で審査が厳しくなるのも、気になりますね。
まあ、時代の流れとして、使いにくくなっているのは事実です。

個人事業主を対象にしたカードローン

ちなみに、個人事業主や中小企業の経営者を対象にしたローンもあるようです。
最後に、参考までにご紹介しておきます。

新生銀行グループのシンキが提供する「オーナーズ セレクト カード」

興味があったらチェックしてみてください。


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。