このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人事業主が持つクレジットカードは楽天カードが良さそうな気がします

個人事業主になったのをきっかけに、新しくカードを作ろうと思う人も多いのではないでしょうか?

インターネットを使ったサービスを使おうと思えば、クレジットカードが必須です。

決済はカードのみと言うところも多いですからね。
カードが無いと、それだけで仕事にならないのです。

青色申告の事を考えれば、普段使うカードと仕事用のカードを分けた方が便利なのは言うまでもありません。
ですから、2枚目のカードを持つと言うニーズも、大きいのではないかと思います。

問題は、どこのカードを使うかですよね。

楽天カードはどうでしょう?

どこのカード会社を使うかという問題ですが、個人的には楽天カードをおすすめしておきます。

楽天カード

なぜ楽天カードが良いのでしょうか?
それは、次のような理由からです。

●審査に通りやすい(と言う噂が有る)
●ポイントを利用しやすい
●ポイントが付きやすい
●年会費がかからない

以下、詳しく見ていきましょう。

審査に通りやすい(と言う噂が有る)

あくまでネットでの噂で、裏のとりようも無いのですが、楽天カードは比較的審査に通りやすいのではないかと言われています。

個人事業主にとっては、これは大きいポイントでしょう。

会社と言う後ろ盾がない個人事業主にとって、この手の審査は鬼門と言えるものです。
特に、開業後まもなくて、実績も無い状態だと、こういう審査に通るのは難しい感じがしますよね。

審査に通りやすいという話は、信じてみたくなるものです。

でも考えてみると、楽天に限らずスーパーなどの流通系のカードは、審査が比較的ゆるい可能性は有りそうです。

流通系のカードの場合、自社のポイントサービスと連動するカードを発行しています。
もしそうであるのなら、顧客を囲い込むために、カードを作って欲しいと思うはずですよね。

実際、最近買い物をすると、ポイント機能付きのクレジットカードをすすめられることが多いと思いませんか?

まあ、仮に落ちてもお金がかかるわけでもありません。
試してみる価値はあると思いますよ。

ポイントを利用しやすい

楽天カードの場合、楽天ポイントとしてポイントが付きます。
楽天ポイントと言うのは、楽天市場で現金と同じように利用できるポイントです。

1ポイント1円換算で、一回の買い物で3万ポイントまで利用可能だったかな。

多くのカードでポイントサービスを実施していますが、使い勝手に関しては様々です。
正直に言って、わけの分からんギフトと交換させられておしまいと言うものもあります。

というか、私自身、以前そういうカードを利用していました。

楽天ポイントなら使い勝手が良いのは間違いありません。
だって、商品点数の多さでは、これ以上のところはどこを探しても無いでしょうから。

ポイントが付きやすい

楽天カードの場合、ポイントが付きやすいというのも大きな特徴でしょう。

まず楽天カードでは、どこで使っても利用額の1%分の楽天ポイントが付きます。
つまり、楽天カードを使って買い物をすれば、常に1%のキャッシュバックが有る状態になるわけです。

1%分のポイントと言うのは、かなり高い還元率だといって良いでしょう。
これだけのポイントバックをしているところは、それほど多くありません。

そして、楽天で利用した場合に限り、利用額の2%分の楽天ポイントが付きます。
この場合は、常に2%割引が受けられるのです。

1%とか2%と言うと、大した額ではないように思われるかもしれません。
でも、使い方によっては、結構大きくなります。

例えば、自宅や職場の公共料などの支払いを、カード払いにしたとします。
水道光熱費やインタネットのプロバイダーへの支払い、固定電話や携帯料金の支払いを、カード払いにするのです。

人によりますが、毎月3万円程度にはなるのではないでしょうか。
そうすると、毎月300円のポイントバックが有ることになります。

また、通常の買い物で、毎月2万円カードを使ったとします。
これは200円分のポイントバックですね。

さらに、備品や贈答品を楽天で買う人は、月に1万円程度の買い物はするかもしれません。
楽天で買うとポイントが2倍ですから、月に200円のバックがあります。

このような使い方をすれば、月に700円お得になると言うことです。
年間に直すと8,400円です。

もちろん、カードの利用頻度や利用額によっては、更なる節約が期待できます。

まあ、細かいと言えば細かい話だとは思います。
しかし、一度カードを作るだけでコンスタントに経費が浮かせると思えば、利用してみる価値があると思いませんか?

カード選びのポイントとしては、理にかなったものだと思います。

年会費がかからないのも大事

細かい話ついでに、もう一つ付け加えておきます。

楽天カードなどの流通系のカードの多くは、年会費がかかりません。
これも、細かいですが、お得なポイントと言えるでしょう。

一方、銀行系のカードは、1,000円以上の年会費を取るようです。

1,000円とは言え、手数料を毎年取られるのは嫌なものです。
正直、私は、この手の手数料が大嫌いです。

理屈ではない部分で、拒否反応を示してしまいます。
少しでも経費を削減したい個人事業主の人には、同意していただけるのではないかと思います。

人によっては、ゴールドとかプラチナのカードを持つことに価値を見出す人もいるようです。
確かにそういうカードなら、年会費を払うことにメリットがあるのかもしれません。

しかし、普通のクレジットカードを持つことに、年会費を払う価値は感じません。

以上のような点から、楽天カードをおすすめします。
興味がある人はチェックしてみてください。

楽天カード


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。