このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

青色申告用ソフトは何を使う?会計には必須なツールです

個人事業主が青色申告を行うのなら、いわゆる青色申告ソフトの使用は必須でしょう。
手書きで簿記なんて、正直に言ってしたくないですからね。

もちろん、頑張れば一通り決算関係の書類を作ることは出来るでしょう。
でも、途中で間違いがあったときに、それを修正するのは本当に大変です。

そして、通常は、間違いが一つも無いなんて考えられません。

パソコンが無い時代の人は、本当にどうやっていたのでしょうか?
全く想像ができません。

青色申告ソフトとは

さて、青色申告ソフトというのは、個人事業主用の簿記・会計ソフトだと考えると分かりやすいでしょう。

日々のお金の流れを記録し、一年の終わりに損益計算書と貸借対照表を作る事ができます。
さらには、簿記・会計処理だけでなく、最終的に青色申告用の書類作成まで可能です。

ようするに、一本買っておけば、個人事業主の会計的な部分は全て処理できるわけです。
個人事業主には、非常にありがたいソフトだと思います。

弥生が人気だね

さて、青色申告ソフトは何を遣えば良いのでしょうか?
とりあえず、ソフトのシェアとしては、弥生の「やよいの青色申告」シリーズがかなりの部分を占めているようです。

ちなみに、青色申告ソフトの最新の売れ筋ランキングです。

確定申告・青色申告ソフト の ベストセラー

また、amazon.co.jp のレビューを見る限りは、使い勝手でも一番評価が高いようですね。
入力するデータ量がかなり多いので、使い勝手のよさというのはかなり大事なポイントだと思います。

ということで、順当に行けば「やよいの青色申告」を選ぶことになりそうです。

また、価格的にも1万円を切っていますし、その点でも合格点でしょう。

ただ、「やよいの青色申告」に関しては、オプションのサポートに不満を持っている人が多いようです。

ということは、基本的には人に頼れないということなのでしょう。
自分である程度の会計知識を持ち、その上で登録した方が良いわけです。

どうしても分からない部分があれば、その部分だけ税務署とか青色申告会などで聞けば結構教えてくれそうです。

ただ、この場合も、ある程度の知識を持っている事が必須でしょう。
全く知識が無い人には、説明のしようがありませんからね。

会計ソフトは毎年買い替えが必要?

さて、会計ソフトを購入すると、毎年アップグレードを求められます。
ソフト会社は「制度変更を取り入れるため」というのを理由に、アップグレードを迫るのです。

これはあながち間違っていなくて、青色申告ソフトだけですべてやろうと思うと、毎年の更新が必要です。
それをしないと、確定申告の書類が作れません。

ただ、実はこれには抜け道があります。
それは国税庁の確定申告コーナーを併用するのです。

細かい説明は省きますが、次のような使い方をすれば、毎年アップグレードする必要はありません。

途中まで青色申告ソフトで作成 → 帳票作成は国税庁のサービスを使う

もちろん、毎年アップグレードした方が楽なのは間違いないでしょう。
ですから、どうするのが一番良いかはなんともいえません。

まあ、毎年アップグレードしなくても大丈夫というのは、覚えておいても良い知識だと思います。


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。