スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人事業主と生命保険「とても残念だが…」

ここではとても残念なお知らせをしなければならない。

個人事業主やフリーランスは、生命保険の保障を手厚くしないといけない

保障を手厚くすると、当然、保険料の負担は大変になる。
しかし、この部分は頑張って支払って欲しいのだ。

サラリーマンとはちょっと違う

生命保険の保障は大きくしすぎないように」と言うのが、私個人の常々の主張だ。
多くの場合、入らなくたってかまわないとさえ思っている。

このことは、このサイト内でも度々そう書いている。
ご覧になった方もいらっしゃるだろう。

しかし、個人事業主に関しては、その主張があてはまらない。
ある程度の手厚い保障は考えるべきなのだ。

もちろん、際限なく保障を付けろと言うつもりは無い。
必要な分だけ保険に入れば良いというスタンスは、ここでも変わらない。

保険料を上げるためだけの特約なんて付ける必要が無いのは当然だ。

それでも、サラリーマンに比べたら手厚い保険に入る必要がある。
なぜなら、サラリーマンと個人事業主では制度上の決定的な違いが有るからだ。

結果的に、保険料の負担は覚悟しないといけないだろう。
以下のページでその理由を説明しましょう。

個人事業主と死亡保険「サラリーマンと違う特殊事情」
個人事業主と医療保険「病気でもしたら大変なことに」


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。