このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険会社で買える保険

最初に、生命保険会社でどんな保険が買えるのか見ておきましょう。
どんなものが売られているかわからないと、選びようがありませんよね。

死亡保険(生命保険といえば死亡保険です)

死亡保険というのは、誰かが死亡すると保険金がもらえるというタイプの生命保険です。
生命保険を代表する保険といって良いでしょう。

保険のパンフレットなどで「死亡保障○○円」などの表記があるものは死亡保険を含んでいます。

ちなみに、保険が降りるかどうか判断する対象になる人を「被保険者」といいます。
死亡保険の場合は、被保険者が死亡すると、保険金がもらえます。

よく使う単語なので、覚えておきましょう。

ちなみに、死亡保険は定期保険と終身保険に分けることが出来ます。

生存保険

生存保険というのは、ある人(被保険者)が一定の年齢まで生きているともらえる保険の事を言います。

生命保険会社などで販売されている個人年金保険などが生存保険に当たります。
また、生保の商品ではありませんが、公的な保険である国民年金や厚生年金の老齢給付も生存保険に該当します。

ちなみに生存保険は、一時金ではなく年金形式での受け取る場合が多いようです。
これは老後資金の目的で利用されることが多いためです。

養老保険

養老保険は生存保険と死亡保険を組み合わせた生死混合保険と呼ばれる保険の一つです。
養老保険は具体的には次のような仕組みの保険です。

・被保険者が一定の年齢になる前に死亡した場合、死亡保険金がもらえます。
・被保険者が一定の年齢に達した時点で生存していた場合は、死亡保険金と同額の満期保険金がもらえます。

期間内に死亡した場合でも、期間終了時点で生存している場合でも保険金がもらえるので、生死混合保険と言われるのです。

途中で解約しない限り必ず満額の保険金がもらえるという性質上、非常に貯蓄性が高い保険といえます。

参照:「生存保険」「死亡保険」「生死混合保険」とは

こども保険(学資保険)

こども保険というのは、子供の教育資金を積立てる事など目的にした保険です。
学資保険とも呼ばれます。

具体的には、次のような仕組みであることが多いようです。

・子供が大学入学するまでに父親が死亡しなかった場合は、満期保険金が支払われます。
・子供が大学入学するまでに仮に父親が死亡した場合には、満期保険金と同額の死亡保険金はらわれます。

このような仕組みをとることで、仮に父親が死亡しても子供の大学進学費用を賄うように出来るようにするのです。
仕組みとしては、父親を被保険者とした養老保険と同じものです。

ここでは便宜上父親と書きました。
しかし一家の中で一番稼ぎがあるのが母親の場合は、母親を被保険者とすることももちろん可能です。

ちなみに、この仕組みから分かるように、こども保険も生死混合保険です。その仕組みは養老保険と同じですから、当然といえば当然ですね。

医療保険

医療保険というのは、被保険者が入院した場合入院一日に付○○円という形で保険金がもらえる保険です。
医療保険という名前が付いていますが、入院保険だと考えたほうが、よりわかりやすいでしょう。

基本的には入院しないと一円ももらえません。

ただし、ガン保険のように、病気にかかった段階で保険金がもらえる保険も存在します。
また、特約をつけることで、入院しなくても保険金がもらえるようにすることもできます。


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。