このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

保険は使い勝手が悪い

保険についてもう一つ知っておいてほしいことがあります。
それは、保険という商品は他の金融商品と比べて使い勝手が悪い商品だということです。

なぜ使い勝手が悪いかというと、それぞれの保険商品は一つの目的以外には使えないからです。

死亡保障の生命保険は、死亡しない限りお金がもらえません。
自動車保険は事故がおきないとお金がもらえません。
医療保険は通常、入院しないとお金がもらえません。

このように、一つ一つの目的毎に保険に入らないといけないのです。

全ての心配事に保険で対応するのは非効率

はっきり言って、これは効率が悪いことです。
なぜかというと、一つの目的にしか使えないということは、全ての心配事に対しての保険に入らないといけなくなってしまうからです。

全ての心配事に対して保険に入っていたら、お金がいくらあっても足りませんよね。
それに、保険がない心配事には対処のしようがありません。

例えば、子供が大学受験で失敗するかも知れません。
一年浪人することになると、予備校の費用も必要です。

でも、それに備える保険なんてありませんよね。

様々なことに対し、一つ一つ保険に入る位だったら、ある程度預貯金をしましょう。
その中でやりくりが出来るように考えるほうが得策です。

預貯金は保険と違って、どんな用途にも使うことができます。

預貯金が無いと困ることも

この事を理解するために、ちょっと極端な例を考えましょう。

Aさんは大変に心配性で、各種の保険に入っています。
毎月の保険料の支払いが、7万円にものぼったとします。

実際にこの程度の額の保険なら、入っている人はたくさんいそうです。

保険料の支払いが多いので、Aさんは貯金をすることが出来ませんでした。
具体的には、銀行預金が50万円しかありません。

でも、たくさんの保険に入っているAさんはそれほど不安に感じていませんでした。

ある日Aさんは、職場で上司とけんかしてしまいました。
常々職場に不満を持っていたAさんは、これを期に仕事を辞めたいと考えました。

しかし、50万円しか預貯金がないAさんは、仕事を辞めるに辞められません。
というのも、自分から仕事を辞める場合、すぐに失業保険がもらえるわけではないからです。

すぐに次の仕事が見つからなかった場合、数ヶ月は収入のない中で生活しないといけません。

Aさんの場合、保険の一部を預貯金にまわしていれば、仕事を辞めるという選択肢もありました。

しかし、そうしてこなかったAさんは自ら選択肢を減らすことなってしまったわけです。

仕事を辞められないAさんは、うつになる可能性だって否定できません。
すぐ仕事を辞めるかどうかは別として、辞めたいときにいつでも辞められるという状態なら、心に余裕が出来ます。

でも、それがないAさんは精神的に大変だと思うのです。

心配だから何でもかんでも保険に入るというのはダメ

もちろん、比較的少ないお金で大きな保障が得られるという意味では、保険にも意味があります。
例えば、死亡保障が数千万円単位で必要になるようなケースですね。

このようなことのために保険に入るのは悪いことではないと思います。
貯金だけで何千万円も用意するのは事実上不可能という人が多いでしょう。

でも、全ての心配事を保険でカバーしようと思うのは間違いです。

基本的に預貯金で準備をする。
そして、どうしても不足するものに関しては保険を利用する。

こういう考え方をするのが保険との正しい付き合い方ではないかと思います。


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。