このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

将来の支出がある程度見込まれるお金

事前にある程度支出が見込まれる大きな出費というのもあります。
これらに準備するためには計画的に考えないといけません。

ここでは、ある程度まとまった支出があるケースについて考えて見ましょう。

老後のお金

事前にある程度わかっている支出の中で、特に大きいのが老後のお金です。
まとまったお金を準備しないといけないと言う意味では、金額的にこれが一番大きいでしょう。

住宅をローンなしで家を買うような場合は別ですけどね。

生きている限り、老後は誰にでもやってきます。
そのために準備しなければいけない金額も相当なものです。

ですから、老後の準備だけは抜かりないように早い段階から取り組んでください。
金額が大きいだけに、20代30代の頃から意識した方が良いでしょう。

早すぎると思われるかもしれませんが、早いに越したことはありませんから。

住宅の頭金

まとまったお金という意味では、住宅の購入資金もある程度の金額が必要です。
住宅の頭金と、不動産屋に払う仲介料、不動産取得税などが不動産購入時にはかかります。

これらの費用は一般的には住宅の価格の2割とか3割とか言われます。
どの程度準備するかはケースバイケースですけどね。

まあ、何れにしても、ファミリー向けの物件を買うなら最低でも500万円は用意しないといけないでしょう。
具体的な金額は、地域などによっても違うから人それぞれでしょうけどね。

一回に支払う料金としては、結構な額になります。
将来住宅を購入するかどうか早めに決定し、計画的に準備しましょう。

自動車の取得費用

自動車の場合、一括で買うかどうかで話は違いますね。
一括で買うならそれなりに準備して貯めておいた方がいいと思います。

子供の教育資金

事前にある程度わかっていると言う意味では、子供の教育資金についてもある程度わかっています。

教育資金で特にお金がかかるのが大学の進学費用です。
私立大学なら大雑把に言って年間100万円程度の費用は見込まないといけないでしょう。

子供が地方の大学に行き一人暮らしをする場合や、医学部志望の場合などは、さらにお金がかかります。


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。