このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

やっぱりあぶない、個人向け国債―プロが教える「お金」の常識・非常識

やっぱりあぶない、個人向け国債―プロが教える「お金」の常識・非常識

「こりゃひどい。」
私の感想はこの一言に尽きます。

金融系の本は、時々こういうのがあるんですけどね。
これも、そんな本の一冊です。

素人相手の本だから、刺激的な内容にしたかったのかしら?
この本を読んで信じちゃった人がいたとすれば、なんとも罪作りです。

なんだろう。
人からお金を取って、著者の妄言を聞いてもらう本という感じでしょうかねえ。

特に興味深い箇所

最初と最後が面白かったです。

面白かったというのは、内容が興味深いということではありません。
異次元過ぎる感じがするのです。

まず、はじめにの部分に、次のような記述がありました。
あなたの持っている国債は、何年か後に間違いなく紙クズ同然になってしまうでしょう。

ここまで書いちゃっていいのかしら?
「間違いなく紙クズ」どう考えてもいいすぎなんじゃないでしょうか?

紙クズにならなかったら責任とってくれるのってレベルの発言です。
断言しちゃっていいのかなあ?

もちろん、どんなことも可能性はあります。
日本国債が紙クズになる可能性がゼロではないと思いますよ。
でも、可能性としては、かなり小さいのではないでしょうか?

紙クズになるって事は、完全に無価値になるって意味ですからね。
そんなことは、それほど起こりそうにありません。

隕石でも落ちてきたり、北朝鮮が核攻撃でもしてくれば別でしょうけど。

本の最後の部分も刺激的です。
個人向け国債の代わりに「金」を買いなさいと書かれていました。

金に投資しちゃイカンとは思いませんけどね。

国債の代わりに金なの?
外国株式じゃいけないの?

理解不能です。

ところで

ところで、amazon.co.jp をみると、この本に5点満点の5点をつけている人がいます。
この人たちの事が、ちょっと心配です。

それとも、著者のお友達でしょうか?
なら良いのですが。

やっぱりあぶない、個人向け国債―プロが教える「お金」の常識・非常識


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。