老後のお金を積み立てるだけで税金が安くなるってホント?

確定拠出年金という仕組みをご存知でしょうか?

確定拠出年金というものがあるのをご存知でしょうか?
日本版401Kなどとも呼ばれます。

年金という名前が付いている通り、老後に備えた年金制度の一つです。

すごく簡単に言うと、企業または個人がお金をかけて、老後に年金を受け取るという仕組みです。
それぞれ、企業型・個人型といいます。

企業型の場合は、退職金制度の一環として利用される場合が多いようです。
個人型の場合は、老後のために自分で申し込んで利用します。

企業が掛け金を支払う場合は、あなたには関係ないところでお金が支払われるので今回は言及しません。
今回は、個人で申し込んでお金を払う場合に限って説明することにします。

確定拠出年金のメリット① 所得税・住民税が安くなる

確定拠出年金をお薦めする最大の理由は、確定拠出年金の掛け金が全額、所得税・住民税の控除になるからです。
ちょっとわかりにくいので、解説します。

確定拠出年金は自分で掛け金を決めることができます。
月に1万円を掛けるとか、1万5千円を掛けるとか決められるわけです。

例えば、毎月1万5千円を掛け金にしたとしましょう。
このとき、年額で18万円になりますね。

この18万円を所得税・住民税の税金の計算をするときの基礎となる所得から引くことができるわけです。
結果的、もらった給料が18万円少ないものとして、所得税・住民税は計算されます。

所得税や住民税は、累進課税と言って、所得が多い人ほど多く収めないといけない仕組みです。
ということは、給料が18万円少なくなったとみなされれば、自動的に所得税や住民税も少なくなります。

それでは、具体的にどの程度税金が安くなるのでしょうか?

給与の額などの条件でどのくらい安くなるかは違います。
常識的に考えれば、正規雇用されているサラリーマンの場合は所得税が1万8000円は安くなる場合が多いですね。

なぜなら、所得税の税率は10%から始まりますから、18万円の10%で1万8000円は安くなるのです。
所得が多い人だと、もっと所得税が安くなると思います。

これに加えて、、さらに住民税も安くなります。


確定拠出年金のメリット② 運用益にかかる税金が少なくなる

税金に関してもう一つ言うと、将来お金を受け取るときにも確定拠出年金はお得です。

通常の証券会社などで投資信託を買って利益が出たとします。
このとき、利益に対しては所得税がかかります。

確定拠出年金も利益に関しては税金がかかりますが、利益のうち一定の部分に関しては非課税になるのです。
詳しい説明は避けますが、数十万円、あるいは百万円以上得になる場合もあります。

これだけお得なら、考えない手は無いですよね。
普通に銀行預金などをするよりずっとお得です。


確定拠出年金のメリット③ お金が自動的に貯まる

確定拠出年金をお薦めするもう一つの理由は自動的にお金が貯まるという点です。

お金を貯めるときの基本は、月々コンスタントにお金を貯めていくことです。
それが自動的に行われると、貯蓄に成功する確率は高くなります。

要するに、積立が良いのです。
そして、確定拠出年金は、積立そのものです。

この仕組みだと、放っておいてもお金が貯まっていきます。
確実にお金を貯めるには、この方法がベストだと思いますよ。


コストがかかるので注意を

ここまで書いてきたとおり、確定拠出年金は強くお薦めします。
ただ、運用に関する手数料などがかかるので少し注意が必要です。

まずは、金融機関に運営管理手数料というものを支払わないといけません。
この金額は金融機関によってさまざまです。

もっとも安いSBI証券だとこの手数料は全くかかりませんが、高い所だと5,000円近くかかります。
年額5,000だと馬鹿になりませんよね。

運用期間を選ぶときの基準になるでしょう。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

このほかに、掛金自動引落手数料として月額100円かかるようです。

まあ、これらのコストがあっても、所得税が減る方が効果十分に大きいのでお得であることは間違いありません。

スポンサードリンク