このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

青海駅と間違え青梅駅へ| 意外ですが、時々起こる事件のようです

東京には「青海駅」と「青梅駅」という、比較的字面が似た駅があります。読み方は全然違いますが。

この2つを取り違えて、ぜんぜん違うところに言ってしまう人がいるようです。SNS などで話題になっていました。

ちっと笑った。

「青海」がトレンド入り

Yahoo!のリアルタイム検索を見ていたら、「青海」というワードがトレンドの2位に入っていました。なぜ「青海」?

「青海」というのは、東京の湾岸エリアの駅名のことと思われます。正確には、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の駅で、所在地は東京都江東区青海一丁目3-14
なのだそうです。

ちなみに、「青海」で検索してみると、「青海(うみ)」というタレントもいるらしいですね。さらには「青海(せいかい)」という歴史用語もあるそうです。

何にしても「青海」という珍しいワードが、ランクインしていました。

理由を調べてみると、どうやら、「青海駅」と間違えて、「青梅駅」に行ってしまった人がいたようです。HIGH SPIRITS というアイドルグループの小室あいかという人が、やらかしてしまったようです。

そのために、ライブに出られないという小さな事件が話題になっているようです。ちなみに会場は、Zepp Tokyo だそうです。

地方出身者だと間違うかも

東京に土地鑑のある人なら、「青梅(おうめ)」でアイドルのライブをする可能性は小さいだろうと気づきます。少なくとも、Zepp Tokyo が青梅に有るとは思わないでしょう。

でも、地方出身者の若いアイドルだと、意外と気づかないのかもしれませんね。

しかもこの間違いは、それほど珍しいものでは無いようです。過去にも同様の間違いをしたアイドルがいるようです。

ということは、芸能関係以外でも、同様のトラブルは起こっているのでしょうね。不親切な名前といえば、そう言えなくも無いでしょう。

名前を変えるわけにもいかないし

ただ、「青海」と「青梅」が紛らわしいとは言え、両方とも地名が由来の駅名です。そうであれば、なかなか駅名の変更というわけにはいかないのでしょうね。

両方共ひらがな表記にすると問題解決できるかもしれません。

ちなみに、HIGH SPIRITS というアイドルの公式サイトを調べてみましたが、キャッチフレーズ(?)として、「どんな困難にも開けないアイドル」と書かれていました。でも、さすがに、「青梅」から「青海」に時間内に行くことは出来なかったようです。

売名という意味では成果があったのでは

本人にとっては、痛恨の大失敗なのでしょう。ただ、結果的にはメリットも大きかったのかもしれません。

というのも、今回の話題が何本か記事になっているからです。Yahoo!ニュースなどでも取り上げら得ています。

HIGH SPIRITS というグループは、どうやらウィキペディアのページも無いような無名のグループのようです。そんなグループからしたら、自分たちのグループ名が入った記事がアップされるわけです。これは、かなりの宣伝効果ですよね。

話題作りのためにわざと間違えたのだとしたら、そうとう計算高いグループですけどね。まあ、さすがに、そんなことも無いでしょう。間違えたところで、話題にならない可能性もありますから。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。