このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

遺言書を見つけたらどうする?| 家庭裁判所へ急ごう

家族が亡くなり、遺品を整理していたら遺言書が見つかったとします。こんなとき、どうしたら良いのでしょうか。

実は、自筆証書遺言が見つかったときには、検認という手続きが必要です。どんな手続かというと、遺言書に改変などが無いことを、裁判所に確認してもらうのです。また、この遺言書が封をしてあった場合、それを開けてはいけません。

遺言書を見つけたら検認が必要

亡くなった家族の遺品を整理していて、遺言書が見つかることも有るでしょう。あるいは、亡くなる前にあらかじめ遺言書が有ることを聞いて、その存在を知っている場合も有るかもしれません。

さらには、亡くなった家族の知人や友人が、遺言書を預かっていると言ってくるかもしれません。遺言書は家族には預けにくいこともあるので、知人や弁護士などに保管を依頼することもあるのです。

事前に遺言書の存在を知っていたかどうかにかかわらず、遺言書を見つけたら、検認という手続きが必要です。

検認とは

検認とは一体どんな手続なのでしょうか。

国語辞典で調べてみると、検認とは「家庭裁判所が、偽造・変造・隠匿を防ぐため、遺言書の存在および形式について調査する手続。(大辞林)」とあります。要するに家庭裁判所に遺言書の偽造や改変が行われていないことをチェックしてもらう手続きです。

つまり、遺言書がある場合の具体的な相続の手順としては、まず家庭裁判所で検認をしてもらうわけです。その上で、遺言書に従って遺産の分割が行われ、相続税の税額が決まっていくというような流れになります。

ちなみに、遺言書が公正証書遺言1 だった場合は、検認の手続きは不要です。自筆証書遺言のときと、秘密証書遺言のときのみ検認が必要です。

封がしてある場合、勝手に開けてはいけない

特に注意が必要なのは封がしてある場合です。

遺言書が封をしてある場合は、絶対に勝手に開けてはいけません。家庭裁判所で相続人(あるいは代理人)の立ち会いのもとで開封する決まりになっています。

検認を受ける前にかってに開けてしまうと、5万円以下の過料が課される事があります。この点は注意が必要でしょう。

検認に関する誤解

この検認という手続きですが、誤解をしている人も多いようです。

まず、誤って封を勝手に開けてしまった場合です。

封を勝手に開けた場合は、遺言書は無効になるというような勘違いをしている人もいるようです。しかし、実際にはそんなことはありません。

もし封を勝手に開けると無効なら、不利だと思う人が5万円の過料を払うリスクを覚悟で、開けることだってあり得ますよね。そんなことが許されてはまずいでしょう。

また、封をしていない場合は検認に不要だと思っている人もいるようです。しかしこれも誤解です。

封がしていない場合も、検認は必要なのです。公正証書遺言以外の場合は、かならず検認を済ませてください。

最低限の情報共有はしておいたほうが良いでしょう

もし遺言書の存在や検認のルールを知らない家族が見つけたら、検認の前に開封してしまうことはあり得ますよね。そういう事故を防ぐためには、自筆証書遺言があることと検認が必要なことは、あらかじめ家族に伝えておく必要が有るでしょう。

もちろん、遺言書の中身まで詳しく言う必要はありませんけどね。存在と最低限の手続きくらいは伝えておくべきです。

検認があるからというだけでなく、遺言書が有ることを家族に伝えておくことは、非常に重要です。

そもそも自筆証書遺言の場合は、本人が自分で書いて自分で保管するということが多いでしょう。遺言書が有ることを本人しか知らなければ、遺言書に気づいてもらえない可能性があります。

さらには、見つけた人にこっそり処分されてしまう可能性も有るでしょう。その意味でも、複数の家族には伝えておくのは意味があることです。

それを怠ると、面倒なことになるかもしれません。すでに書いたように、検認前に開封することも有るでしょう。

もっと酷いケースとしては、残した遺言書がしばらくたって見つかるようなケースすらありえます。財産の分割が決まり相続税も払った後に見つかったら、結構面倒なことになるでしょう。

どこに保管するかも重要

遺言書をどこに保管するかも、かなり重要でしょう。そして、意外と難しい問題です。

あまり分かりづらいところにしまっておくと、家族が見つけられない可能性がありますよね。それでは遺言書を残す意味が無くなってしまいます。

かといって、誰もが見つけられるようなところにおいておくと、こっそりと捨てられたり改変されたりというリスクもあります。

家族だからそんなことは無いと思いたいですが、実際問題として、そういうことも起こりうるようですね。特に、自分が不利な扱いを受けると考える人は、遺言書なんて無い方が良いわけですから。

お金が絡んだ問題ですから、性善説を前提に行動するのは危険です。余計なトラブルを起こさないためにも、悪い方を想定して考えた方が良さそうですね。

公正証書遺言も検討してみよう

遺言に関するガイドブックでは、貸し金庫を使ったり弁護士に預けたりという事を勧めているものもありました。でも、そこまでするのも大変ですよね。コストも掛かりますし。

それにそこまでするのであれば、公正証書遺言を使うことを考えても良いかもしれません。公正証書遺言も本人の保管という意味では同じですが、公証人連合会のオンラインに情報登録されるので、遺言書の謄本を請求することが可能です。

コストが掛かるのはデメリットですが、公証人というプロが間に入るので、トラブルは少ないでしょう。


  1. 検認が不要な公正証書遺言というのは、一体どういうものなのでしょうか。公正証書遺言というのは、公証人役場で証人立ち会いのもと公証人が作成する遺言書のことですね。多少コストが高く付きますが、確実な方法です。 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。