このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

妻や夫は相続税が不要?| 相続税配偶者控除(配偶者の相続税額の軽減)の話

亡くなった人の夫または妻が相続をした場合、相続税が不要になるケースが多いようです。相続税の配偶者控除(正確には、配偶者に対する相続税額の軽減)と呼ばれている制度があるためです。少なくとも庶民の場合は、相続税を払う必要がないケースがほとんどでしょう。

ただ、これが有利な制度かというと、かなり微妙な点もありそうです。結果的に、ちゃんと相続税を払った方が、最終的に得なのかも。

配偶者に対する相続税額の軽減とは

相続税の配偶者控除というのは、一体どんなものでしょうか。1

誰かが亡くなったときに、亡くなった人の配偶者(夫または妻)が相続した分の相続税が軽減されるという仕組みです。少なくとも1億6000万円までの非課税枠があるので、よほどの金持ちを除いては、配偶者にかかるゼロになることが多いでしょう。

相続税を払ったために、残された妻や夫の生活が厳しくなるなんて、ちょっとおかしな話ですよね。ですから、遺族の生活のことを考えたら、非常に役に立つ仕組みです。

相続税をゼロにすることも可能

配偶者が実際に相続した分が控除されるという仕組みですから、上手に(?)使うと、相続税をゼロにすることも可能です。

例えば夫婦と子供2人という家庭で夫が亡くなったとしましょう。残された家族が相続する財産の相続税評価額が、総額で1億円だったとしましょう。

この場合、子供2人が相続する分は通常通り課税されますが、妻が相続する部分は非課税になります。ということは、妻が相続する割合を大きくすると、相続税を減らすことが出来るのです。

仮に妻がすべての遺産を相続することにすれば、相続税は完全にゼロにする事が出来ます。

有利な仕組みと言い切れないところが微妙です

さて、相続税がゼロになると聞くと、とても有利な仕組みのように感じる人もいるでしょう。でも、実際には、使い方次第では損をすることもありそうです。

というか、安易にこの仕組を使ってしまうと、かなり高い確率で損をすることになるでしょう。変な言い方ですが、見方によっては詐欺商品のようにすら見える仕組みです。

もちろん、たくさん税金を取ってやろうと思って、国会が国民を騙す仕組みを作ったわけでは無いですよ。実際に、この仕組で救われる人も多いでしょうから。

でも、理解が浅い人が節税目的で安易に使うと、損をすることにもなりかねないのです。

ですから、相続税が発生するような資産を持っているご家庭の場合は、税理士に相談したほうが間違いないかもしれません。特に、5,000万円以上の資産(不動産も含め)を持っているような家庭では。

配偶者に対する相続税額の軽減を使うと有利なのか?

相続税の配偶者控除(配偶者に対する相続税額の軽減)の何が問題なのでしょうか。

相続税の配偶者控除では、確かに多くの場合、配偶者には相続税がかからなくなります。ですから、この1回の相続だけ(一次相続と言います。詳しくは後述)を考えれば非常に有利です。

例えば、夫と妻が暮らす過程があったとして、この2人には結婚して家を出た娘が1人いるとします。そして夫の残した財産が、土地付きの一軒家と3,000万円の現金だったとしましょうか。

こんな場合だと、妻がすべてを相続することになることも多いでしょう。自宅を娘に分けるわけにもいきませんし、ある程度の現金も必要でしょうからね。

まあ、1,000万円くらいは娘が相続するかもしれませんけどね。基本的には妻が相続することになるはずです。

仮に妻が相続をした場合は、自宅の相続税評価額にもよりますが、おそらくは相続税がかかりません。ゼロ円です。

これだけ考えると非常に有利な感じがしますね。なにせ、相続税がゼロ円ですから。

妻の財産を娘が相続するときの相続税が高くなる

しかし、長期的に見ると、話はそんなに単純では無いのです。というのも、将来のどこかの時点で妻も亡くなり、妻が持っている資産を娘が相続する(二次相続と言います。詳しくは後述)ことになるからです。

この場合、娘は妻が持っている現金と自宅を相続することになります。このとき払う相続税が、かなり高額になることが予想されるのです。

妻から娘への相続を視野に入れた場合、例えば、夫が死亡したタイミングで自宅だけは娘が相続した方が良かったのです。法的には娘が所有する自宅で、妻が生活するわけですね。

こうすると、相続税の控除が2回使えます。結果的に納める相続税は少なくて済んだ可能性が大きいでしょう。まあ、これも、断定的なことは言えませんけどね。

例えば、妻が亡くなるまでに、現金3,000万円を使い切るようなケースも有るでしょう。そんな場合だと、最初に妻が全部相続した方が有利かもしれません。

とにかく、相続というのは、通常2回ある事が重要なのです。1回めの相続で相続税を小さくすることに熱心になると、2回めの相続で相続税が高額になります。

つまり、相続を考えるときには2回をセットで考えないといけないのです。

どうするのが賢明かは、ケースバイケース

ということで、基本的には、配偶者に対する相続税額の軽減は、あまり有利な仕組みではありません。支払う相続税の総額という意味では、無理に使うと損をするケースも多いのです。

ただ、残された妻の生活のためには、有効に使える仕組みであることも確かです。相続税を払ったために妻の暮らしが厳しくなるというようなケースは、回避できますから。

ですから、こればかりは、一概にどうするのが良いか言うことはできません。家庭の事情に合わせて、判断するしか無いでしょう。

ある程度勉強すれば、自分で考えることもできるでしょう。ただ、ある程度の資産を持っている家庭では、相続に強い弁護士を交えて検討する方が望ましいはずです。

補足:一次相続と二次相続

一応、言葉の説明をしておきましょう。

相続というのは、1組の夫婦で通常2回発生します。夫と妻が一緒に無くならない限りは、2回相続がありますよね。

この場合の最初の相続を一次相続、2回めの相続を二次相続をと言います。2回相続があることがわかっていれば、難しい言葉では無いでしょう。

ここまでみたように、一次相続の時に判断を間違うと、二次相続で取られる相続税が大きくなることがあります。そのことを踏まえて2回の相続をセットで考えることが重要です。


  1. 国税庁のサイト内でも、説明しているページがあります。
    No.4158 配偶者の税額の軽減 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。