このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険は相続税対策に有効です

相続税対策では、生命保険を使うと良いという話を聞いたことがある人も多いでしょう。でも、生命保険の何が有利かまで理解している人は、意外と少ないのかもしれません。

そこでこのページでは、生命保険を使うとどんな点が有利なのかをチェックしてみましょう。大きなメリットが3つほどありそうです。

貯蓄型の生命保険でも相続では使える

誰かが亡くなると保険金が支払われるという、いわゆる生命保険(正確には死亡保険)には定期保険などの掛け捨て型のものと、終身保険や養老保険のような貯蓄型のものがあります。

この中で貯蓄型の生命保険は、投資信託や定期預金のような金融商品と同じように使うことができます。資産運用のために使えるのです。

ただ、おすすめできるかと言うと、また別の話です。

理由は簡単で、はっきり言って手数料が高すぎるのです。投資信託などと比べて運用成績が悪くなると考えられます。

また、貯蓄型の生命保険の多くは、固定金利の商品です。途中で解約すると、一定のペナルティもあります。

こういう商品は、金利が低い時期には利用すべきではありません。将来金利が上がっても、低い金利のまま持ち続けるしかないからです。

生命保険の場合は、生命保険料控除という節税目的でも利用することが可能です。でも、その部分を含めても、資産運用に使う金融商品としては、避けたほうがいい商品だと言わざるを得ないでしょう。

ですから貯蓄型の生命保険、は利用しないのが賢明です。具体的には、終身保険、学資保険、養老保険、などの保険ですね。

定期保険のような掛け捨ての生命保険なら、ある程度は利用しても良いんですけどね。一般的には、家庭の中で一番稼ぎがある人(通常は夫)の死亡には、ある程度備えて置くべきでしょうから。

まあ、掛け捨て型の生命保険も、程々にする必要はありますけどね。それに、掛け捨て保険でも、医療保険は不要ですし。

相続が絡むとちょっと話は違ってくる

しかし、相続が絡んでくると、ちょっと話が違います。相続税対策としては、貯蓄型の生命保険は非常に便利なのです。

上手に使えば、かなりの金額の節税ができる可能性があります。多少の手数料が高くても、それを上回るメリットがあるのです。

積的に利用すべきでしょう。

このページでは、生命保険を使うと、相続に関してどんなメリットがあるのかを見ていくことにしましょう。主に3つのメリットがあるようです。

相続税対策では生命保険が役に立ちます。メリットは3つ。

メリット1:相続税の節税ができる

一番わかり易いのが、生命保険を使うと相続税自体が安くなるというメリットでしょう。相続税の節約ができるのです。

非課税限度額

相続税の税額を計算するときに、生命保険の死亡保険金に関しては、非課税限度額というものがあります。まさに文字通り、この金額の範囲内なら、相続税がかからないという金額が決まっているのです。

また、生命保険の死亡保険金が非課税限度額を超えた場合も、超えた部分に関してのみ課税対象になるという考え方をします。要するに、非課税限度額の分だけ控除されると理解すれば良いわけです。

例えば、非課税限度額が2,000万円だとして2,600万円の死亡保険金が支払われたとします。このとき、遺族が相続したのは600万円の部分だけだとみなされ、相続税が計算されるわけです。

非課税限度額の決まり方

それでは、非課税限度額はどうやって決まるのでしょうか。実は、とても簡単な計算式で決まっています。

非課税限度額 = 500万円 × 法定相続人の数

このように、法定相続人の人数で、非課税限度額は決まっています。

■ 法定相続人とは

ここで問題になるのは、法定相続人がどんな人を指すかです。これが決まらないと、非課税枠も決まりませんからね。

法定相続人というのは、とりあえずは、子供と配偶者(夫または妻)だと思っておけばいいでしょう。例えば、亡くなった男性に妻と子供が2人いれば、法定相続人は3人となります。

また、配偶者がいない場合は、子供の人数だけとなります。例えば、配偶者がすでに亡くなっていて子供が2人いれば、法定相続人は2人となります。

まあ、実際には、この他にも色々なケースがあるのですけどね。子供がなくなって孫がいる場合とか、結婚していなくて両親しかいない場合とか、両親も亡くなっていて兄弟が一人いる場合解か、本当に様々です。

相続税の税額をゼロにできることも

ということは、生命保険を使うと、相続税の課税額を小さくすることができます。場合によっては、ゼロにすることも可能です。

現在Aさんの資産は7,000万円の預金のみとします。また、負債はありません。

Aさんの法定相続人が4人いるとした場合、Aさんの遺産を相続する際の基礎控除は5,400万円となります。つまり、1,600万円を相続するものとして、相続税は計算されるのです。

しかし、Aさんの預金のうち2,000万円で、保険金額が2,000万円の死亡保険に入ったとしましょう。この場合、非課税限度額と基礎控除の合計がAさんの残した7,000万円よりも大きくなります。

ということは、Aさんが亡くなっても、相続税が発生しないわけですね。

法定相続人が3人以下の場合は、生命保険だけで相続税の額をゼロにする事はできません。それでも、生命保険を目一杯有効に活用すれば、相続税の額を減らすことができるでしょう。

また、贈与なども利用すれば、相続税が発生しないようにすることも可能だと考えられます。

大きなメリットです

なんにしても、「法定相続人×500万円」の範囲で貯蓄型の死亡保険に入れば、その部分には相続税はかからないわけです。具体的には、終身保険が利用しやすいでしょうね。

これは間違いなく大きなメリットなので、積極的に利用しましょう。

「法定相続人の数 × 500万円」の金額は相続税が非課税。

相続対策には一時払い終身保険を使う

ちなみに、相続税対策としては、一時払いの終身保険を使うのが良いでしょう。一時払いの終身保険というのは、保険料を一括で払い込めば、生涯保障がある終身保険です。

つまり、途中で解約しないかぎり、いつ亡くなっても満額の死亡保険金が支払われます。

これだと、どんなに長生きをしても保険金は無くなりません。仮に、予想以上に長生きをして生活費に困れば、途中で解約することも可能です。

一般に、生命保険と言うと、年齢が上がると入りにくいというイメージがあるはずです。しかし、一時払いの終身保険なら、健康状態に不安がある人でも契約できるケースも多いようです。

これは、最初に保険料を全額払い込んでしまうので、保険会社としては損をするリスクが小さいからです。

まあ、資産運用のための保険としては、まったく使い物にならない保険ですけどね。相続税対策としては優秀雨だと思います。

相続放棄をしても生命保険の保険金だけは受け取ることができる

相続で生命保険を使う2つ目のメリットは、相続放棄をしても生命保険の保険金だけは受け取れるという点です。

相続放棄をするときは資産も負債も一緒に放棄

亡くなった人が借金まみれだった場合、相続をすると赤字になるということもありますよね。例えば、200万円の現金と500万円の借金があるようなケースです。

こういうケースでは、現金だけを相続することはできません。一般的には、借金と現金をセットで相続するしか無いのです。

ただ、これだと親が勝手に残した借金を引き継がないといけなくなります。はっきり言って、罰ゲームのような状況になってしまうわけです。

さすがに、そういうわけにも行かないですよね。ですからこういうケースでは、相続放棄という形で、現金も受け取らない代わりに借金も引き継がないという処理ができるのです。

全部ひっくるめて相続する他に、負債も資産もまとめて、全部を放棄するかという選択も可能なのです。

生命保険だけは扱いが違う

原則はこれですが、生命保険の場合はちょっと事情が違います。相続を放棄しても、生命保険の死亡保険金だけは受け取ることができます。

例えば、上のケースで200万円の現金と500万円の借金の他に、500万円の死亡保険金があったとします。そのケースでも、相続放棄をした上で死亡保険金は満額受け取れるのです。

つまり、生命保険の死亡保険金は現金や投資信託と違い、特別扱いがされるのです。

お金を貸している人にしてみると、ちょっとずるい感じがするでしょう。特に上のようなケースなら、借金を相続してもプラスのはずですからね。

でも、実際ルールがこうなっているので、仕方がありません。

相続を放棄しても、生命保険の死亡保険金だけはもらえる。

相続税の支払いを考えて現金を残すことができる

相続税対策で生命保険を使う3つ目のメリットは、相続のタイミングで現金が手に入るという点です。実は、相続では、これがとても重要なのです。

マンション2戸で子供が3人

例えば、Aさんが亡くなったとしましょう。Aさんには現金や預金はありませんでしたが、マンションが2戸あったとします。そして、法定相続人として子供が3人いたとしましょう。

こういうケースでは、どう考えてもうまく遺産をうまく分けることはできませんよね。マンションを3等分するわけにもいきませんから。

もちろん、子供のうちの2人がマンションを相続し、1人は残りの2人から現金を受け取るというような決着もできるかもしれません。でも、これはこれで、けっこう大変です。

というのも、マンションを相続する方は、1戸の3分の1相当の金額を渡すことになります。こうなると結構多額の現金が必要だからです。

2戸のマンションを売却して、現金を3当分するという方法も有るでしょう。でも、これも結構時間がかかりますね。相続税を納めないといけませんから、時間的な余裕もあまりありません。

生命保険で現金を確保

こういうケースでの解決策になるのが、生命保険です。生命保険なら現金が必ず入ってきます。ですから、2人はマンションを相続して、残りの1人が現金を相続するということが可能なのです。

このケースに限らず、相続のときに現金があると、何かと便利です。葬式代もかかりますしね。ですから、非課税額(= 法定相続人の数 × 500万円)程度の生命保険には入っておいても良いのでは無いかと思うわけです。

まとまった現金が用意できるので、相続対策で生命保険は利用しやすい。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。