このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

交通事故で誰かが亡くなった場合、保険金には相続税や贈与税がかかるの?

自動車事故で誰かが亡くなった場合の自動車保険の保険金には、相続税や贈与税がかかるのでしょうか。自動車保険の保険金には税金がかからないと思っている人もいるかもしれません。ただ、保険金に対して相続税、贈与税、所得税がかかることがあります。

交通事故が死亡事故だった時、保険金には税金はかかる?

例えばAさんがBさんの運転する車にはねられて亡くなったとしましょう。そしてこの後、Bさんが入っている自動車保険から、Aさんの遺族へ賠償金が支払われたとします。

この場合、この賠償金は相続税や贈与税がかかるのでしょうか。あるいは、税金が掛かるとすれば、税金を納めないといけないのは誰なのでしょうか。

自動車による事故に関しては、事故の相手の保険から保険金が支払われるというケースは少なくないでしょう。しかも、死亡事故の場合は数千万円から数億円という賠償金が発生しますから、金額的に考えれば相続税がかかる額であるのは間違いありません。

今回の例だと、亡くなったのがAさんですから、Aさんから家族への相続という考え方は出来そうですよね。あるいは、保険に入ったのがBさんなので、BさんからAさんの家族への贈与とも考えられそうです。法律はどうなっているのでしょうか。

相続税も贈与税も課税されません

さて、この場合ですが、実際には相続税も贈与税もかかりません。損害の賠償なので非課税という考え方をするようです。

Bさんが入っていたのは、自動車保険の中でも対人賠償保険と呼ばれるものです。対人事故に対しての損害賠償に備える保険なので、対人賠償保険というわけですね。

対人賠償保険の場合は、このような死亡のケースでなくても、税金はかかりません。これは重要なので、覚えておいても良い知識でしょう。

事故の相手以外が入っている保険だと話は複雑になる

ただ、これがAさんやAさんの家族が入っている自動車保険から保険金が払われているとなると、話が違ってきます。1

Aさんが保険料を払っている場合

まず、Aさんが保険料を払っている保険から保険金が出る場合はどうでしょう。受取人はAさんの家族です。

この場合は、Aさんの家族はAさんから相続(あるいは遺贈)をしたと見なされます。ということで、相続税の課税対象になります。

Aさんの家族が保険料を払って、同じ人が保険金を受け取る場合

Aさんの家族が保険料を払って、保険料を払った人が保険金を受け取った場合はどうでしょうか。例えばAさんの妻のCさんが保険料を払い、Cさんが受取人だったようなケースですね。

この場合は、Cさんが受け取る保険金は、所得税の課税対象になります。Cさんが保険料を払ってCさんが保険金を受け取るので、その保険金は所得であるという考え方になるわけです。

Aさんの家族が保険料を払って、違う家族が保険金を受け取る場合

それでは、Aさんの家族が保険料を払って、別の家族が保険金を受け取る場合はどうでしょう。例えば、Aさんの妻であるCさんが保険料を払って、Aさんの息子のDさんが保険金を受け取るようなケースですね。

この場合は、CさんからDさんへの贈与とみなされます。ですから、贈与税の課税対象になります。

誰が保険料を払って誰を受取人にするかは重要

このように自動車保険では、誰が保険料を払い誰が保険金を受け取るかは非常に重要です。所得税と相続税と贈与税で、税金の額が全然違う事も考えられますからね。

保険金受取人は比較的簡単に変更できるので、早めにチェックをしておいた方が良いかもしれませんね。もちろん、自動車保険なんて無いに越したことはありませんけど。


  1. この場合は「人身賠償保険」ではなく「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」などの保険金が支払われていると考えられます。 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。