このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

【相続】異母兄弟や異父姉妹の法定相続分ってどうなるの?

子供も父母もいない人が亡くなった場合、配偶者と兄弟姉妹が相続することになります。これは常識として知っている人が多いでしょう。

では、兄弟姉妹が異母兄弟や異父姉弟だった場合はどうなるのでしょうか。片親は違う兄弟姉妹の場合です。ちょっと確認してみましょう。

兄弟姉妹が相続するケースを確認

まずは基本の確認から。兄弟姉妹の相続がどうなっているのか、確認しておきましょう。

亡くなった人に子供(当然、孫や曾孫も)がいない場合で、既に両親も無くなっているような場合を考えます。こういう場合は亡くなった人の兄弟姉妹が法定相続人となります。

このときの兄弟姉妹の法定相続分は、配偶者がいる場合は配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1を相続します。

例えば、妻と弟が法定相続人で遺産が1,000万円あったとします。このときは、妻の法定相続分が750万円で、弟の法定相続分が250万円ということになるわけですね。

そして、兄弟姉妹が複数いる場合は、この4分の1を分けることになります。上のケースで弟だけでなく妹もいたら、妻の法定相続分が750万円、弟と妹の法定相続分が125万円ずつということになります。

ちなみに、法定相続分というのは、法律的なガイドラインのようなものです。最終的には法定相続分とは違う割合になる事も珍しくありません。まあ、単なるガイドラインでもないのですけどね。

異母兄妹とか異父姉弟の場合はどうなる?

さて、ここでちょっと疑問が浮かびます。兄弟姉妹がいわゆる異母姉妹や異父兄弟だった場合はどうなるのでしょうか。要するに、父親か母親が違う場合の兄弟の相続はどうなるのでしょう。

こういうケースって、意外と多そうですよね。父親と母親ともに再婚で、両方ともに既に子供がいたとか。最初の母親が亡くなったために父親が別の女性と結婚して、異母兄弟になるとか。

さて、こういう場合は、法律ではどんなふうに規定されているのでしょうか。

民法にきっちりとルールがありました

実は、父親または母親が違う場合は、兄弟の相続分はさらに半分になってしまいます。民法の条文をチェックしてみましょう。

第900条 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。
二 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。
三 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。
四 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

このように、明確に規定されています。民法では異母兄弟や異父姉妹の存在が想定されてるわけですね。

計算が少しややこしくなりそうです

今回紹介した父母の片方が異なる兄弟姉妹がいる場合は、実際に計算しようと思うとちょっとややこしいケースもありそうですね。と言っても、中学生レベルの数学で解決できる話ではありますけど。

でも、自分で計算しようと思うと、戸惑う人がいても不思議ではありません。

また、父母の異なる兄弟姉妹となると、相続まで面識がないというケースもあるでしょう。感情的になってもめるケースも少なくなさそうです。

事前に遺言書を残しておいて、トラブルが無いようにしていただきたいものですね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。