このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

不倫相手との間の子供は、不倫相手が死んだ時の相続で不利なの?

シングルマザーと言うと、夫と離婚してシングルマザーになる人が多いのでしょうか。でも、中には、不倫相手との間に子供ができてシングルマザーになるケースもありますよね。

さて、こんなケースでは、相続はどうなるのでしょうか。不倫相手が亡くなった場合、その子供は不倫相手の財産をいくら相続できるのでしょうか。あるいは、そもそも相続自体ができるのでしょうか。

非嫡出子は相続で不利?

FP技能検定の学科試験の問題を見ていたら、次のような選択肢を見つけました。ちょっと興味深いので、このページで取り上げてみたいと思います。

さて、この選択肢の正誤が分かりますか?

被相続人の嫡出でない子の相続分は、嫡出子の相続分と同じである。

用語のチェックをしておきましょう

とりあえず、「被相続人」「嫡出でない子」「相続分」といったあたりの単語の意味の確認が必要でしょうか。

まず、被相続人というのは、要するに亡くなった人の事です。

次に「相続分」を先に見ておきましょう。相続分というのは、「同順位の相続人が二人以上いるとき、各相続人が承継する遺産の持ち分(デジタル大辞泉)」の事を言います。もっと簡単に言ってしまうと、相続の時の取り分の事です。

最後に「嫡出でない子」ですが、これを理解するためには嫡出子について理解しておく必要があるでしょう。

嫡出子というのは「法律上の婚姻関係にある夫婦間に生まれた子(デジタル大辞泉)」の事を言います。そして「嫡出でない子」というのは、嫡出子でない子供という事ですね。「非嫡出子」なんて言ったりします。

具体的には、不倫相手との間にできた子供なんかが該当します。もちろん不倫に限りませんけどね。とにかく、婚姻関係にある夫婦の子でなければ非嫡出子です。

つまり、今回の問題文は、「Aさんと不倫相手Bさんとの間にできたCさんの相続分は、Aさんと正妻であるDさんとの間の子供であるEさんの相続分と同じであるか」という事を聞いているわけです。

正確に言うと他のケースもあるのですけどね。大雑把にはこんな理解で良いはずです。

嫡出子でも非嫡出子でも相続分は同じ

ここで結論を書いてしまうと、問題文の記述は正しいです。不倫相手との間の子供でも、正妻との間の子供でも、相続分は変わりません。

不倫相手との間にできた子供でも相続は出来ますし、金額的にも差は無いわけですね。

まあ、常識で考えると当然という気もしますよね。いわゆる私生児だと権利が弱くなるなんて、平等だとは思えません。

以前は非嫡出子は不利だった

それでは、なぜこの選択肢を興味深いと思ったのかというと、以前は相続分が違ったからです。非嫡出子は嫡出子の半分しか相続分がありませんでした。

一応、相続は出来ました。でも、相続分は小さかったわけです。非嫡出子というだけで不利な扱いを受けたわけです。

それが、裁判の結果を受けて法改正がなされ、現在のように変更されているのです。具体的には、平成25年9月5日以降に開始した相続について適用されています。

法務省のサイトに、この民法の経緯や詳しい説明が載っています。興味がある人はチェックしてみると良いでしょう。

法改正って資格試験では要チェックですね

この法改正の知識が無いと、この問題は間違った可能性が大きいでしょう。以前は、ちょっと勉強した人には、非嫡出子は相続で不利というのが常識でしたから。

もっとも、この問題に関しては、法律の改正は出題の数年前に行われているんですけどね。まあ、資格試験を受ける人なら、最近の法改正のチェックは必須と言えると思います。法改正した個所は、問題にしやすいのでしょうね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。