このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

贈与税の申告と納税に関する基礎知識

贈与税の申告と納付に関する基礎知識を整理しておきましょう。うっかり申告を忘れましたなんて言うふうにはいきませんからね。

申告と納税のタイミング

贈与税の申告をするのは、財産を貰った年の翌年の2月1日から3月15日までです。

ということは、所得税と比べると若干期間が長いわけですね。所得税の確定申告は、2月16日から3月15日までですから。

納税に関しても同様で、財産を貰った年の翌年の2月1日から3月15日に納税することになります。

贈与税の申告書の提出先

贈与税の申告書の提出先は、財産を貰った人の住所を所轄する税務署に対して行うのが原則です。財産をあげた人ではなく、もらった人が納めるので誤解しないようにしましょう。

贈与税が納められない時

一度に贈与税が納められないときは、延納をすることも可能です。延納というのは、具体的に言うと、5年以内の年賦により納税する方法です。要するに、分割払いができるのです。

とは言え、延納は誰にでも認められるわけではありません。一定の要件を満たす必要があります。

具体的には、次の3つの条件をすべて満たさないといけません。

  • 納付税額が10万円を超えること
  • 金銭で一度に納めることが難しい理由があること
  • 担保を提供すること

ただし、担保に関しては、延納税額が100万円以下で延納期間が3年以下の場合は不要です。まあ、100万円以下なら延納の必要がない気もしないではありませんが。

この3つの条件を満たす場合は、税務署長に対して延納申請書を提出することになります。税務署長がこれを認めると、延納ができるというわけです。もちろん、認められないケースもあり得ます。

ちなみに、延納が認められた場合は、利子税というのがかかります。この利率が結構高くて、年率6.6%なのだそうです。

どうやら、極力、一括で払ってしまう方が良さそうですね。

贈与税は物納はできない

ちなみに、贈与税に関しては物納はできません。

相続税では国債や不動産などで物納は可能ですが、贈与税ではダメという事ですね。意外と重要な違いなので、覚えておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。