このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

親族、血族、姻族、親等の意味を確認しておこう

FP技能検定の学科試験の問題を見ていたら、次のような文言が出てきました。

本人からみて、配偶者の姉は2親等の姻族であり、親族である。

多分正しいのでしょうけど、率直に言って、記述の正しさに自信が持てませんでした。というのも、親族とか姻族、血族、あるいは○親等といったあたりの知識って、かなりあいまいだからです。

おそらく、私のような人も多いことでしょう。せっかくなので、基本的な部分を整理しておきましょう。社会人として生活をしていると、このあたりの知識って、時々必要になりますからね。

親族とは

まず、親族から見ていくのが良いでしょうか。

しん‐ぞく【親族】
1 血縁関係・婚姻関係のある人々。親類。親戚(しんせき)。
2 民法上、六親等内の血族および配偶者と、三親等内の姻族。(デジタル大辞泉)

一般的な意味では、1番の親類や親せきの事だと理解しておけばいいでしょう。ただ、民法上は、誰が親族で誰が親族でないのか、厳密な定義があるようです。

このあたりは、ちょっと細かい話になるので、後述します。「姻族」や「親等」といった用語が分からないと、難しいですよね。

姻族と血族

続いていは、姻族と血族について確認してみましょう。まずは、姻族から。

いん‐ぞく【姻族】
婚姻によって親族になった者どうし。夫からみて妻方の父母兄弟など。民法では、三親等内の姻族を親族とする。姻戚。(デジタル大辞泉)

「姻族」という字を見ると、ある程度意味が類推できますね。「婚姻」により親戚になった人が姻族です。

漢字とセットで覚えておけば、混乱することもなさそうです。感じって便利ですね。

次に血族です。

けつ‐ぞく【血族】

血のつながった人々。血縁。法律上は、養親子(ようしんし)のように、これと同様に扱われる者(法定血族)を含めていう。
[補説]書名別項。→血族(デジタル大辞泉)

これも文字から分かるように、血のつながった親戚の事を言います。血族の方は、類推が容易でしょう。字を見たら、簡単に想像できます。

親等

次に問題になってきそうなのが、「親等」という考え方です。これも辞書の意味をチェックしてみましょう。

しん‐とう【親等】
親族関係の遠近を表す単位。直系親では世数により、傍系親ではその共同の始祖までの世数を合計して定める。親子は一親等、祖父母・兄弟・孫は二親等、おじ・おばは三親等など。(デジタル大辞泉)

デジタル大辞泉の定義ですが、これを見ただけで意味が分かりますか?率直に言って、日本語で書いてあるにも関わらず、かなり難しい感じがします。

別の言葉で言い換えると、AさんとBさんが何親等かは、「親子関係何回分か?」という理解をするのが簡単でしょう。

とりあえず、次のような例を理解すると手っ取り早いと思います。

AさんがBさんの子供である場合、1親等です。直接の親子関係は1親等という事です。

AさんがCさんの孫である場合は、2親等です。親子関係2回分だから、2親等という事です。

ということは、ひ孫だったら3親等で、玄孫だったら4親等です。ここまでは、簡単です。

ちょっと難しくなるのが、兄弟姉妹や、いとこの場合です。辞書の定義で言うと「傍系親では~」という部分ですね。

例えば、AさんとDさんは兄弟だったとしましょう。この場合は、親子関係でAさんとDさんを結ぶには、一旦AさんとDさんの親までさかのぼらないといけません。AさんとDさんの親がBさんだとして、AさんとBさんは1親等で、BさんとDさんは1親等です。ですから、
AさんとDさんは2親等になるという具合です。

そうなると、おじさんやおばさんは、3親等という事になります。Aさんからたどると、Aさんの親、Aさんの祖父母、Aさんの祖父母の子という順にたどることになるからです。

従妹だと4親等ですね。

と言った感じで、親子関係何回分かで考えると、理解がしやすいはずです。

夫・妻の親戚の親等の数え方

自分の血族の親等の数え方は分かりました。それでは、自分の配偶者(夫または妻)の親戚の親等はどうやって数えるのでしょうか。上でチェックした言葉を使うと、姻族の親等ですね。

この場合は、自分の配偶者を基準に考えます。例えば、妻の父親だったら1親等、妻の兄弟だったら2親等といった具合です。

このルールは知らない人も意外と多いような気がします。

民法上の親族

それでは最後に、民法上の親族について確認しておきましょう。もう一度、デジタル大辞泉の定義を書いておきます。

民法上、六親等内の血族および配偶者と、三親等内の姻族。

6親等内の血族とありますから、かなり広いです。1親等から見ていくと、次のような感じです。

1親等:両親、子供
2親等:兄弟姉妹、祖父母、孫
3親等:曾祖父母、おじ、おば、曾孫
4親等:いとこ、玄孫

4親等でいとことか玄孫というレベルですから、5親等や6親等ともなると赤の他人に近い人も出てくるわけですね。民法上の親族は、かなり守備範囲が広いことが分かります。

次に3親等内の姻族とあります。これは妻のおじやおばは含まれますが、妻のいとこは含まれないという感じでね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。